テディベア天使のオーナメント『静岡県ネット』に登録しました♪

2007年04月09日

キュリオケースのなかのエンジェル

キュリオケースのなかのエンジェル仲間のお披露目です♪

5287d90e.jpg


伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人



――――――――――――――――――――――――――――――


トラックバックURL

この記事へのコメント

7. Posted by 追夢人(ついむと)   2007年04月14日 22:24
Fu さま
こんばんは!
>…集合時間に遅刻をして、ガイドさんに凄く叱られました。
追夢人も集合時間にはちょっと遅刻か、間に合ってもいつもぎりぎりで、ガイドさんに睨みをきかされていました(笑)
>誰も助けてくれないので、毎回ヒヤヒヤしますよ^^; ……
それはスリリングで、ご無事なら結果的にはある意味楽しそうですね(^^;
追夢人は英語もろくに話せないので、英語圏外で、飛行機の搭乗とか、乗継とか、もう考えられません(^^;
不足の事態は想像を絶していて…もうパニックは必至でしょう{困った}
>(素材そのもののハーブ・サラダなんて最低の食事だったようです。)その伝統が残ったまま(ローストビーフとか!)なのが、あまり食事の評判が宜しくないイギリス。
ハーブ・サラダは食べたことはありませんけれど、サニーレタスのサラダは大好きで欠かしません。新鮮な生野菜を食べるとほっとして疲れがとれるような気がします。
ハーブは昔、庭で夢中になって育てていたこともありました。カモミールとか、コモンマローとか、ラベンダーは数年で枯れ尽きて続きませんでした。
今でもレモンバームとか、オーデコロンミントとか、ワイルドストロベリーとか、ローズマリーとか、フェンネルとか、繁殖力の強いのと種で増えるものは生き残っています。その季節には、気が向くとたまにフレッシュでハーブティは入れたりしています。
イギリスの食事があまり評判が宜しくないのは知りませんでした。追夢人の地元で食べたローストビーフは美味しかったです。地元にローストビーフをメニューに出すお店があって、以前はよく食べに行っていたのですけれど…、食べなくなった原因の発祥がそのイギリスだけに残念です。
6. Posted by Fu Shusei   2007年04月14日 11:13
こんにちわ。
本当にハードな旅だったのですねぇ。
ツアーって他の人と足並みを揃えなくちゃいけないから、意外と大変ですよね。私と相方は、10年チョット前にツアーに参加したとき集合時間に遅刻をして、ガイドさんに凄く叱られました。それ以来、殆ど個人旅行です。(←規則を守れない人たち 笑)
誰も助けてくれないので、毎回ヒヤヒヤしますよ^^; 去年は終電に乗れない事件(笑)もあったし、鉄道の事故で乗換えが大変になってしまったりとかショッチュウ。。。
ロワールのお料理が美味しかったというのは分かる気がします。
中世ヨーロッパでは、素材の持ち味を殺して、手を掛ければ掛けるほど洗練された料理だと思われていたそうです。(素材そのもののハーブ・サラダなんて最低の食事だったようです。)その伝統が残ったまま(ローストビーフとか!)なのが、あまり食事の評判が宜しくないイギリス。その考えから脱却し、素材を生かした美味しい料理を作るようになったのがフランス…だと食物史の本で読みました。
5. Posted by 追夢人(ついむと)   2007年04月12日 12:25
Fu さま
こんにちは!
旅行は連れ回されてハードでした。
若かったのでついていけたようなもので、お嬢様とそのお母様もいらしたりして、お母様は年配で大変だったと思います。バスツアーの途中でその母娘を置いて来てしまったのを添乗員が気が付いて慌てていました。
ほとんど毎日3食付の添乗員同行おまかせ格安パックなので、特別な郷土料理はなかったのですけれど、初日のマドリッドで、お昼にだされたパエリアが塩辛くて、卑しく機内食を食べ過ぎていたせいもあって、食べれませんでした。
夕食はいつも夜遅い時間で、フラメンコを見ながらとか、ローマではカンツォーネを聴きながらとかで、何を食べたのか……
エーゲ海ではクルーズの船内でバイキングだったり、地中海の島では安物のお土産品を高く誤魔化されそうになったり、港の船までの帰りのバスでは、他のツアーで乗り遅れてトボトボ歩いている若い日本人カップルを途中で乗せてあげたりして他人事ではないと恐ろしくなったり、明かりが未だ点いていた閉店直後のアテネのジュエリー店を覗いていたら快く開けて案内して頂けたのですけれど、あまりにも高級過ぎて冷汗をかきながらやっと一番ちっちゃなのを見つけられてほっとしたり、ホテルまでのタクシー代はぼったくられたりで、食事も喉を通らず……
どんな料理だったのかよく覚えていません(^^;
ロワールでは、大きな虹鱒みたいな魚が丸ごと一匹お皿にボンっていう感じでだされまして、それも日本よりもかなり大きくて、見た目は味気も素っ気もなくて驚きましたけれど、美味しかったです。他の国に比べてフランス料理の味付けがさっぱりしていて一番口に合いました。追夢人の舌は、ただ素材の味だけの方がよいみたいです。
これからの旅行は一箇所でゆっくりと滞在して地元のよさをじっくりと味わいたいものです♪
4. Posted by 追夢人(ついむと)   2007年04月12日 12:22
Fu さま
奏楽天使{譜面} 来月が楽しみで?す♪
小さなクマさんも可愛いですよね♪
小さなクマさんはぬいぐるみなら追夢人もいろいろ集めていました。
全員揃わなくても大切なアルバイト代をはたいて手に入れたお気に入りの子だけのほうがいっそう愛着が湧きますね{ハート矢}
追夢人のコレクションも出会いがあっても、その時の限られたお小遣いの範囲内で少しずつしか集められなかったものばかりなので、年代や質はまちまちですが、思い出のある天使ばかりです{天使}
アイリッシュ・ドレスデンは、昔につくられたアンティークのレースの方が繊細で色合いも微妙で上品です。やはりレースのドレスがメインでしょう。この天使のレースは袖と裾だけですけれど、今でもアイリッシュ・ドレスデンを扱っている大きなデパートなら同じのがあるはずです。
可愛い箱庭にぎっしりくらいならあるかもしれませんねー♪
おとなしく住民登録してくれる天使たちならよいのですけれどねぇ?(^^;
持っている天使たちは数えたことはないのですけれど、ほとんどプログでアップしていますよ?♪
後はもう数えるくらいの土産品程度の小物くらいとアンティークのKPMとかセーブルの天使の絵皿とか、オールドマイセンのカップ&ソーサーが少しある程度です。これは防犯上、天使堂に普段は置いていなくて、オープンの際に展示することにしているのですよ。
あと、天使以外にも、幻想的な絵画とか、童話の絵本とか、テディべアとか、フィギュアなんかも天使堂の二つのお部屋には展示してあるんですよ?♪
3. Posted by Fu Shusei   2007年04月11日 13:03
こんにちわ。
>それも二週間くらいの、スペイン、イタリア、フランス、ギリシャ…
そ、それはなかなか忙しいご旅行でしたね。でも各国の違いが楽しめていいですよね。食事なんて大分違うのではないのでしょうか。
>本来は楽団のセットなのですけれど
奏楽天使ってすごく好きなのです。演奏する仕草が可愛いですよね。これも来月くらいに特集する予定です?(^^♪
我が家には小さなクマさんの楽団がいますヨ。
買ったのは学生時代で、僅かなアルバイト代しかなかったので、残念ながら全ての団員さんは揃えられませんでした。
アイリッシュ・ドレスデンは、繊細なレースや微妙な色合いが上品で素敵ですよね。でもドレスを来たお人形のイメージが強くて、天使も作っているなんて知りませんでした。
追夢人さんのお宅と天使堂に住んでいる天使たちは全部で何人くらいいるのでしょうね。軽く街一つ分くらいにはなりそうですね。
そのうち、町役場が必要になるかも?(天使の住民登録 笑)
2. Posted by 追夢人(ついむと)   2007年04月10日 09:49
Fu さま
おはようございます!
いつもコメントしてくださって、嬉しいです♪
>キュリオケースの中は、まるでヨーロッパのようですね(^^)
そうですか?♪ ありがとうございます。ちょっと気恥ずかしいです{笑い}{汗}
ヨーロッパ! なぜかあこがれてしまいます{ハート矢}{ドキドキ大}
そちらに方面は、まだ一度しか行ったことがないのです{ヒヨコ}
それも二週間くらいの、スペイン、イタリア、フランス、ギリシャのおまかせ強行軍的パック旅行。ほとんど飛行機とバスと船中の移動観光で、気がつけば、レストランか、ホテルでした。少ない自由時間は現地の日本デパートでお土産屋を漁っていたような感じで…{汗}
それから10数年してから、西洋アンティークに興味を持ち始めたのですけれど、その時のスペインやイタリアの旅行がとても印象深かったからだと思います。
>磁器のコレクションですか?
>一番上の段の右のほうのちっちゃな子は、何か楽器を演奏していますか?
>ラッパかな…。
はい、おもに磁器製のフィギュアのコレクションです♪
このキュリオケースの中のものは、現代ものがほとんどで、ほんの少ししかアンティークっぽいものはないのですけれど、一番上の段の右のほうのちっちゃな子は、ちょっとだけ古いです。オーボエのような縦笛を吹いています。本来は楽団のセットなのですけれど、この子と左のほうの両手にシンバルを持った(楽器が隠れてしまっていますが)子のふたりだけが団員です。
その段の真ん中の別のふたりも楽器を演奏しています。座ってホルンのようなラッパを吹いている子もちょっと古そうです。フルートのような金採の横笛を吹いている袖や裾が水色の子は、現代モノのアイリッシュドレスデンとかいわれているレースを特徴とした磁器の天使です。
そういえば、リュートとかヴァイオリンとか弦楽器を弾く天使もいましたね{譜面}
1. Posted by Fu Shusei   2007年04月09日 23:26
キュリオケースの中は、まるでヨーロッパのようですね(^^)
磁器のコレクションですか?
一番上の段の右のほうのちっちゃな子は、何か楽器を演奏していますか?
ラッパかな…。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
テディベア天使のオーナメント『静岡県ネット』に登録しました♪