2007年05月11日

悲しみの聖母(ステンドグラス)

 
 
68612bfb.jpg

悲しみの聖母
ステンドグラス(36x24cm)


伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人

―――――――――――――――――――――――――――――――


トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by 追夢人(ついむと)   2007年05月14日 02:01
Fu さま
こんばんは♪
>天上の青!
>彩度が強いのに、深みがある…
力が入りますねぇ!
ステンドのグラスにも、もっと詳しくなりたくなってきました(^^;
>それもまたひとつの楽しみですね!?
そうそう!少ないお小遣いをね、十倍楽しむ方法なんですよ?♪ 長きに渡って編み出したのでした(爆)
3. Posted by Fu Shusei   2007年05月12日 21:37
好みのブルーそのものです。天上の青!
彩度が強いのに、深みがある…ステンドグラスだからこそ生まれる色ですね。
>かなり慎重にして、そうとう迷ったりもしたりして、低価でも逃すことも多いです。失敗を恐れて滅多に高価なものには手を出せないのです(^^; たまに少し後悔したりしてね(爆)
それもまたひとつの楽しみですね!?
2. Posted by 追夢人(ついむと)   2007年05月12日 01:06
Fu さま
こんばんは!
いつもコメントありがとうございます♪
このステンドグラスは、お顔の表情とか、ガラスに焼き付けて描かれています。ちょっと恨みがましいお顔に写ってしまいましたけれど、実物はもう少し悲しげな表情です。
>ブルーがとても綺麗に出ていますね。
お褒めいただき嬉しいです♪ 実物も綺麗なブルーですよー!
Fu さまのお好みのブルーに近いですか?
ガラスには詳しくないのですけれど、ブルーのガラス部分は一番大きくて、でこぼこしています。
>いつ頃のものなのでしょう?
正確には判らないのですけれど、表情は紋切り型のようで生命感に乏しく、描き方も肉筆のような繊細さに欠け、シール印刷のような単調な印象も受けるので、現代もののような気がします。古くても50年前後ではないでしょうか。
天使堂のコレクションはそんなに高価なものはないのですよ(笑)
追夢人が購入しているクラスの品物は、業者さんも、探してくるのが精一杯のようで、マークのある焼き物や刻印のある銀製品以外はほとんど年代も製造元も正確なところは判らないというか、あまり気にしていないみたいです。
名のあるオークションから競り落とせた品なら、素性もはっきりするとは思うのですけれど…{悲しい}
その時の追夢人の知識とか、関心の強さとか、お小遣いとか、品物の状態と値段とのバランスとか、出会う頻度の確率の経験とか、かなり慎重にして、そうとう迷ったりもしたりして、低価でも逃すことも多いです。失敗を恐れて滅多に高価なものには手を出せないのです(^^; たまに少し後悔したりしてね(爆)
1. Posted by Fu Shusei   2007年05月11日 18:49
ブルーがとても綺麗に出ていますね。
いつ頃のものなのでしょう?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字