聖カエキリア天使のフォトフレーム(洋銀製)

2007年06月05日

L'Ange de l'Annonciation


L'Ange de l'Annonciation

b4b97a67.jpg

40cm x 52cm 1653/1655 Carlo Dolci (1616-1687)


トラックバックURL

この記事へのコメント

14. Posted by 追夢人(ついむと)   2009年03月22日 16:10
{冠} Fu 女王さま{キラキラ}
こんにちは!
了解です! 全部あるとよいですね♪
グエルチーノの「ペトロの涙」の作品解説が、展覧会公式サイトのトピックスの2009年03月02日(月)に画像付きででていますね。
ペテロの涙 (1647)
グェルチーノ(1591−1666)
油彩・カンヴァス  122x159?
ルーヴル美術館所蔵
http://www.ntv.co.jp/louvre/topics/2009/03/post_29.html
13. Posted by Fu Shusei   2009年03月18日 23:27
>他の絵ハガキも、リクエストがございましたら、枚数と、どうぞおっしゃってくださいませ。
ありがとうございます(涙)
ではお言葉に甘えて・・・
この天使と、対になるマリアのはがきがあれば、それを。
あと、はがきになっている可能性は低いと思いますが、
もしあれば グエルチーノの「ペトロの涙」をお願いします。
12. Posted by 追夢人(ついむと)   2009年03月18日 20:37
{冠} Fu 女王さま{キラキラ}
こんばんは♪!
再コメントありがとうございます!
他の絵ハガキも、リクエストがございましたら、枚数と、どうぞおっしゃってくださいませ。
その絵ハガキもあれば一緒にGETしてきます(笑)
>そして、なるべく空いているといいですね。
そうですね♪
でも遠くからでもひと目みれるだけでもよいです。
混んでて人の頭に隠れて半分しか見れなかったらどうしょ?{悲しい}
11. Posted by Fu Shusei   2009年03月18日 00:47
>いえいえ。いつもお世話になっている上に今までいろいろと頂いてばかりで、何のお返しもさせていただいておりませんでしたので、この機会にさせてください。って、行けたらですけど(笑)
どうもありがとうございます(涙)
いけるといいですね。
そして、なるべく空いているといいですね。
10. Posted by 追夢人(ついむと)   2009年03月15日 00:36
{冠}Fu 女王さま{キラキラ}
こんばんは!
再コメントありがとうございます♪
うっかりしてしまいました{すいません}
>もしGETされたら 代金ご請求くださいね。
いえいえ。いつもお世話になっている上に今までいろいろと頂いてばかりで、何のお返しもさせていただいておりませんでしたので、この機会にさせてください。って、行けたらですけど(笑)
>それにしても入場料1500円って
>普通より高い気がするのですが、気のせいでしょうか。
先日、見学にいった鶴川の武相荘(旧白洲邸)の入場料千円にビビッたばかりです。
1500円でも、たとえテカテカのピカピカでも、ドルチのガブリエルをひと目みられるだけで本望です。もしこれを逃したら二度と見られないような気がしますし{悲しい}
9. Posted by Fu Shusei   2009年03月11日 18:41
>行けたら、 Fu 女王さまの分まで図録と絵ハガキGETいたします
ありがとうございます(涙)
もしGETされたら 代金ご請求くださいね。郵便為替か振込みで対応させていただきます。
それにしても入場料1500円って
普通より高い気がするのですが、気のせいでしょうか。
ルーブルだからなのかなぁ?
生のドルチ作品はテカテカのピカピカです。
照明がうまく工夫されて、見づらいことがないようになっているといいのですが。
ドレスデンの美術館のドルチ作品の展示は、ほんとに最悪ですよ、ガラスに外の風景の写りこみがひどくて。
8. Posted by 追夢人(ついむと)   2009年03月10日 02:20
{冠} Fu 女王さま{キラキラ}
こんばんは!
コメントありがとうございます♪
貴重な情報をありがとうございます?{音量}
『ルーヴル美術館展 ?17世紀ヨーロッパ絵画?』
2009年2月28日(土)?6月14日(日)
国立西洋美術館ですね♪
ガブリエルのなかでも追夢人の一番好きなガブリエル、対のおとめマリア像とともに上野に来てるとは知りませんでした!
是非、観てみたいです。
行けたら、{冠} Fu 女王さま{キラキラ}の分まで図録と絵ハガキGETいたします{力こぶ}
7. Posted by Fu Shusei   2009年03月09日 15:27
この絵、今 対のおとめマリア像とともに上野のルーブル展に来ているようですね。
人ごみがすごそうなので私は行きませんが(涙)追夢人さんは行かれるのかしら。
先週の金曜日に相方がお客様の接待でルーブル展に行くかもと言っていたので、図録と絵ハガキ買ってきてー!とお願いしたんですけど、接待がなくなっちゃったそうで、残念!
6. Posted by 追夢人(ついむと)   2007年06月08日 13:19
Fu さま
こんにちは!
いつも役立つ情報をいろいろと教えていただきありがとうございます♪
早速、試みましたところ、綺麗に表示されました! 
>その後翻訳サイトの自動翻訳などで翻訳すればある程度の意味はつかめるかもしれません。
翻訳サイトをはじめて利用してみました。自動翻訳サイトのリンク集で、Google翻訳で、フランス語から英語へ、英語から日本語へ翻訳してみました。英語から日本語へ翻訳はInfoseekマルチ翻訳の方がよさそうです(笑)
これからは、Fuさまのお手を煩わせないように、翻訳サイトをもっと有効利用させていただきます♪
>このガブリエル、本当にいいですよね。
ありがとうございます! 本当に気に入ってしまいました♪
ガブリエルは、受胎告知の天使で、マリアさまと一緒に描かれていてわかりやすいですし、白百合を持っていたり、女性的だったり、美青年風だったりして、親しみやすい天使で大好きです♪
ラファエルも旅に付き添ってくれて、優しく心強い天使です♪
ミカエルは追夢人の守護天使なんですけれど…、勇ましすぎちゃってます(^^;
5. Posted by Fu Shusei   2007年06月08日 12:28
こんにちは。お役に立てたようで、良かったです♪
>追夢人のパソコンではこのサイト内のテキストは、なぜか部分的に漢字に文字化け
エンコードを変更すると読めます。
インターネットエクスプローラーをご使用の場合:
ページ上部のメニューの
表示→エンコード→その他→○○ヨーロッパのいずれかを選べば、綺麗な表示になります(どれにするかは適当にアタリをつけて)。このサイトのような仏語の場合は、西ヨーロッパあたりを選べば文字化けが直るかと思います。
その後翻訳サイトの自動翻訳などで翻訳すればある程度の意味はつかめるかもしれません。笑えるくらいひっちゃかめっちゃかな日本語になるときもあると思いますけど(笑)
このガブリエル、本当にいいですよね。
こんなに愛らしいガブリエルなら、おとめの部屋にいきなり入って行っても、飛び上がるほど吃驚されることはなさそうです。
4. Posted by 追夢人(ついむと)   2007年06月07日 01:11
Fu さま
こんばんは♪
いつもいろいろお教えいただきありがとうございます!
ご主人さまにもご協力いただけて、感謝感激です。ほんとうにありがとうございました!
これはガブリエルなんですねぇ♪
このガブリエルの絵は、まさしくご紹介いただいたサイトで見つけたものでした。
フランス語でしょうか? お読みになれて尊敬いたします。
追夢人のパソコンではこのサイト内のテキストは、なぜか部分的に漢字に文字化けしてしまうので、西欧の絵画サイトではなさそうと疑っていました(^^; 教えていただけて助かりました。
>…マリアさまへの敬意を示すポーズをしているので、ガブリエルだと直感的に分かりました。…
>翼は端っこにちょろっとかかれてますね。オシャレな立て襟みたいに見える青い部分は背景で、左側の暗い色の部分が翼です。
なるほど、教えていただいて、感服いたしました。翼のラインもはっきりわかりました♪
立て襟みたいな青い部分に気をとられていて、全然気づきませんでした(^^;
>この一組に関しては、ガブリエルのほうが好きです(笑)
追夢人は、このマリアさまのようなガブリエルがガブリエルのなかでも一番好きになりました(爆)
3. Posted by Fu Shusei   2007年06月07日 00:07
間違いなくドルチの絵ですのでご安心ください(^^)
こちらに説明と対になる絵が出ておりました。
http://www.insecula.com/oeuvre/O0017405.html
このページに掲載されている聖母マリアとあわせて一組の絵です。(ルーブル所蔵)。フィレンツェのピッティ宮殿に、この作品に似たドルチ作の聖母とガブリエルを描いた一対の絵があるそうです。制作年代は大英博物館にある、組んだ手の習作から割り出したとのこと・・・以上、相方に読んでもらいました。耳掻き一回分で簡単に釣られたのでした(笑)
>Fuさまには、マリアさまには見えませんでしょうか?
少女っぽいですよね。とても清楚で。
マリアさまに見えるというのも分かりますよ?。
ただ、タイトルもそうですが、右を向いて、マリアさまへの敬意を示すポーズをしているので、ガブリエルだと直感的に分かりました。多くの場合、ガブリエルは画面の左側から登場するのです。そのため、マリアさまのお顔は左側を向いていることになります。
翼は端っこにちょろっとかかれてますね。オシャレな立て襟みたいに見える青い部分は背景で、左側の暗い色の部分が翼です。ちょっと分かりにくいですネ。(ただし、翼のない天使というのも結構描かれます。例えば、ヴェロッキオが絵筆を折るきっかけになった例の絵でダ・ヴィンチが描いた天使にも翼がありません。)
対の聖母もとても綺麗なのですが、受胎告知の場面にしては、ちょっと大人っぽいかな?。この一組に関しては、ガブリエルのほうが好きです(笑)
2. Posted by 追夢人(ついむと)   2007年06月06日 19:45
Fu さま
こんばんは♪
いつもコメントありがとうございます!
>少年のようなガブリエルですね。
え?! ガブリエルでしたか! てっきりマリアさまだと思い込んでいました(^^;
そう言われて、タイトルをよく観れば「受胎告知の天使」でした。
翼がなさそうにもみえますけれど、タイトル抜きで絵だけをご覧になられたとして、Fuさまには、マリアさまには見えませんでしょうか?
どうも西洋の絵画サイトではなさそうなところで見つけてきましたので、タイトルが違うってこともありえますし…(^^;
ガブリエルなら、もちろんガブリエルでよいのですけれど…、とにかく好みの絵ですので♪♪♪
>…そして極めつけはドルチ・ブルー!(←かってに命名しましたw)
ドルチ・ブルー! 素敵な命名ですね?♪ お気に召されたようで、よかったです♪
>この作品は初めて見ました。
>ひとつの完成した構図のように見える・・・ということは、これは受胎告知の絵の一部分では
>なくて、ガブリエルのみをクローズ>アップして描いた作品なのでしょうか?
>珍しいですね。
Fuさまがそう仰るのですから、珍しいのだと思われます。
ドルチの絵の検索で、このサイト以外、この絵は見つけられませんでした。
Fuさまがご存知ないくらいですと、ドルチの絵かどうか心配になってきました(^^;
絵の画像自体は素晴らしく美しいのですけれど、ドルチの他の作品からして、Fuさまは、これをドルチの絵といわれて、特に違和感を持たれることはありませんでしたでしょうか?
もしよろしければ、ご感想をいただけるとありがたいです。
1. Posted by Fu Shusei   2007年06月06日 18:51
少年のようなガブリエルですね。
甘美な顔立ち、輝くような肌の色(血の通った人間みたい!)、見事な装飾品やレースの描写。そして極めつけはドルチ・ブルー!(←かってに命名しましたw)
この作品は初めて見ました。
ひとつの完成した構図のように見える・・・ということは、これは受胎告知の絵の一部分ではなくて、ガブリエルのみをクローズアップして描いた作品なのでしょうか?
珍しいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
聖カエキリア天使のフォトフレーム(洋銀製)