天使の肖像The Assumption of the Virgin

2007年08月01日

St Agnes

 
St Agnes

6d3af1a2.jpg

Bergognone (Ambrogio di Stefano da Fossano)
 Italian, Milanese (1453-1523)

fresco 170x90cm (1495) Pinacoteca di Brera, Milan

___________________________________


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. あなたはだあれ? ―麗しのおとめ  [ Quo Vadis(クオ・ワディス) イメージの奔流 ]   2008年02月02日 02:07
これは、別館「葦間の風~アイルランド滞在記~」 に載せようと思っていた写真です。(「葦間の風」へのリンクは右のブログペットの上あたりにあります。) アイルランドの詩人 W.B.イエイツの面影を求めて訪れた、彼の故郷スライゴーで出会った聖女の像。 彼女は宿泊したB...
2. St Agnes  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年02月07日 14:51
  St Agnes in Prison Receiving from Heaventhe Shining White GarmentFrank Cowper (1877-1958)Oil on canvas 74.3x45.1cm (1905)Tate Gallery, London, England__________________________

この記事へのコメント

4. Posted by 追夢人(ついむと)   2007年08月02日 20:13
Fu さま
こんばんは!
いつも再コメントしてくださって嬉しいです♪ ありがとうございます!
憶測ですけれど、写実の徹底したファン・エイクの、ご紹介いただいたエヴァのヌードから察するに、Fuさまが推測されておられるように食べ物や生活スタイルと大いに関係がありそうですね。
労働をせずに優雅な食事をしている貴族のご婦人のお腹がプックリしてないと考える方が難しいでしょう。
今でも西洋の大人の女性は脂肪でふくよかな印象があります。写真家のマン・レイが写したフランスの女性のヌードではお腹もお尻もとても立派でしたよ(笑)
日本の明治頃のヌード写真の女性もファン・エイクのエヴァに体型が似ているような気がします。普通に生活していて、スタイルを意識したシェイプアップをしなければ、女性は皆、お腹に脂肪が自然と付きやすいのかもしれませんね。
あっ! もちろん男性もですけれど(^^;
3. Posted by Fu Shusei   2007年08月02日 18:47
こんばんわ。
スポーツクラブから帰ってきました。
バテバテです・・・(涙)
>細いというのは、顔立ちのことでしょうか? 
顔を含めて上半身全部ですね。
確かにわざとお腹を前に出すような立ちかたもしているんでしょうけど、それにしては丸いなぁと思って。
初めてボッティチェリの「春」の三美神を見たときは?????でした。
イタリアルネッサンスだけでなく、北方ルネッサンスでも、どうもみんなそうなんですよねぇ。
この立ちかたもそう。クラーナハの美女は痩せてるけど、追夢人さんがご説明されているとおりの立ちかたしてます。
ファン・エイクは、徹底した写実の再現をしましたが、エヴァのヌードはやっぱりこんなです↓
http://www.wga.hu/detail/e/eyck_van/jan/09ghent/1open1/u7eve1.jpg
これが理想の美だったのかしらん・・・それとも、食べ物や生活スタイルの関係でこういう体つきに人が多かったのかなぁ・・・とますます不思議に。
2. Posted by 追夢人(ついむと)   2007年08月02日 02:29
Fu さま
こんばんは!
いつもコメントしてくださってありがとうございます♪
>右手に何か持ってますね。なんだろう。
ほんとだ!何でしょうね? 布に包まれた小さな箱のようにも見えますがよくわからないですね。美しい容姿にばかり目を奪われて、見落とすところでした(^^;
図像学の基本、アトリビュートのチェックは抜かりのないFuお嬢さまですね(笑)
>どうしてこの時代の絵画の女性は細いのにお腹だけものすごく出ているのでしょう。
細いというのは、顔立ちのことでしょうか? この聖アグネスはふくよかというよりは引締まった丹精なお顔立ちだと想います。お顔を小さめにして八頭身以上に見せるために下半身を大きく描いているのでしょうか?
そういわれると確かにお腹が出ていて、マタニティドレスを着た妊婦のようにも見えてきました(爆)
腰に上半身の重みを乗せるような姿勢をとると胸は引っ込んでお腹が出てきますが、やや前方に片足を出して、もう一方の脚に重心を移すと、腰がやや強調されて、身体はS字のようになり、しなやかさを演出させられるのではないでしょうか?
ここで、腰を横にして片足をもっと前に出してつま先を上げて、胸でも張ったりしたら、イメージはバリバリのキャリアウーマンに変身するでしょうけれど…(笑)
お腹が出気味のポーズがこの時代のお好みだったのでしょうかね。
因みに追夢人もこのポーズはなぜかとても美しく感じます♪ 不思議です(笑)
>今日からスポーツクラブに通いはじめました・・・^^;)
それは健康的で良いですね♪ 体力をつけてドイツ旅行に備えてくださいね!
1. Posted by Fu Shusei   2007年08月01日 19:10
とてもきれいなお顔ですね。
右手に何か持ってますね。なんだろう。
一般的な聖アグネスのアトリビュート(羊とか短剣とか棕櫚とか)を持っていないので、この絵だけ見せられたら、誰かわからないかもです。
素朴な疑問です。
どうしてこの時代の絵画の女性は細いのにお腹だけものすごく出ているのでしょう。
いつも不思議です。ボッティチェリもそう。
こういう体型が美しかったんですかねぇ。
この時代だったら、私モテモテだったと思います。
(会社をやめてから4.5キロも太りました。
さすがにかっこ悪くなってきたので
今日からスポーツクラブに通いはじめました・・・^^;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
天使の肖像The Assumption of the Virgin