2008年02月21日

キャビネドキュリオジテ

 
追夢人(ついむと)の一番お気に入りの西洋骨董の専門店をご紹介します!

渋谷は表参道のハナエモリビル地下1階、アンティークマーケット内に開店されて

今年2008年の2月でちょうど5周年を迎えられたアンティQ 【anti-Q】です。


ホームページ 珍奇陳列室も開設さているので覗いてみましょう!
29fdb9dd.jpg



ヨーロッパの16世紀から17世紀のバロック期に

王侯貴族の間で流行したキャビネドキュリオジテ

邸宅内に珍奇陳列室を作って

貝殻などの世界の珍奇なものを蒐集したそうです。


ヨーロッパの様式美を凝縮したような

独特な表情と存在感を持つ骨董の品々が

店主である村山美穂さんの審美眼によって集められ

濃密なヨーロパ美学のオブジェで装飾された店内は

異様性とユーモアの詰まった

キャビネドキュリオジテそのものです。


アンティQ【anti-Q】のホームページ 「珍奇陳列室」にリンクさせて

いただきましたので、天使堂の左側下方のリンク集からもどうぞ。


伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人
___________________________________


トラックバックURL

この記事へのコメント

8. Posted by 追夢人(ついむと)   2008年03月06日 19:01
Fu さま
こんばんは♪
夕べはぐっすり眠れましたか(笑)
>家族でみてると自然と沈黙しちゃうような(爆)
子供の時は親を意識しませんでしたけど、思春期となると確かに妙な沈黙が…(爆) ウィークエンダーは人権の点で今では許されない番組にあたるでしょうね。
>天地茂が大好きでして。
 なかなか渋い役者さんでしたね。こういう役柄の似合うドラマがなくなったのは、時代のせいでしょうか。
 相方はテレビはあまり見てなかったような感じですが、江戸川乱歩のドラマ、きいてみます(笑)
7. Posted by Fu Shusei   2008年03月06日 02:35
たしかに昔のテレビは刺激的なものが多かったですね《笑)
家族でみてると自然と沈黙しちゃうような(爆)
ウィークエンダーとか(いずみぴんこ!)とかイレブンPMとかこっそり見てましたよ?
天地茂が大好きでして。江戸川乱歩のドラマ化「美女シリーズ」(土曜夜放送だったかな?)なんてかなりセクシーでしたよ。奥様がご存知かも?
薬をのんでラリってきたのでまた明日きます。今日は半分に割って飲んでみました。
朝は8時40分起床なので、薬がきけば6時間眠れそうです、うれしー。
6. Posted by 追夢人(ついむと)   2008年03月02日 10:28
Fu さま
こんにちは♪
>このかたの作品が乱歩作品の装丁につかわれたらよさそうです(使われているのかな??)
つかわれているかどうかは知らないのですけれど、乱歩作品の装丁につかわれたらよさそうですね♪
以前の作品で怪奇幻想文学の本の表紙装画になったのもあるようですよ。
>清らかな世界しかしらなかった子供には(笑)
 幼少の頃からテレビで大人の深夜番組まで見ていました。テレビばかりで、本も漫画もろくに読めずに育ちました(^^; 昔のテレビドラマはヒューマンな印象という記憶がありますけれど、今思い出すとかなりスケベなものも多かったです(爆)
 天知茂さんは高校生の頃にテレビ番組で「非情のライセンス」という刑事ドラマを見ていたと想います。エンディングの「昭和ブルース」が懐かしいす(爆)
 毎月25日の天神様の縁日に小学生の頃に何回か行った事があります。尖り帽子の丸眼鏡のお爺さんから七色唐辛子を母がよく買っていました。天神様は唐辛子の香りを想い出します(笑) 見世物小屋はあったなかなぁ…。あったとしてもお小遣いでは入れなかったから、記憶にないのかもしれません。遊園地のお化け屋敷やビックリハウス、スリラーカーは大好きでした(笑)
5. Posted by Fu Shusei   2008年03月01日 16:06
>ハナエモリビルの入り口正面
ここは昔クレヨンハウスに行く際によく通りましたが、アンティークマーケットになっているとはついぞ知りませんでした。
>追夢人はこの画家さんの描く世界も好きなのですよ!
うわぁーホントに乱歩だぁぁ!!
このかたの作品が乱歩作品の装丁につかわれたらよさそうです(使われているのかな??)
幼少時 天地茂さんの演じる明智小五郎が活躍する「黒蜥蜴」という作品のドラマを見て以来(人間の剥製コレクションとか出てくる・・・^^;)、少年探偵団シリーズや大人向けの小説などむさぼるように読みました。大半はあらすじを忘れてますけど。
昔縁日で見たインチキな見世物小屋(蛇女とか)みたいな、猥雑で胡散臭い感じがなんとも魅力的に感じられました。清らかな世界しかしらなかった子供には(笑)
うちの相方とは読み物の趣味が合わないので、共通の話題が意外と少ないのですけど、江戸川乱歩と、そのペンネームの元となったエドガー・アラン・ポーの話だけは凄く合います(笑)
4. Posted by 追夢人(ついむと)   2008年02月27日 21:30
Fu さま
こんばんワッ! 眠気はさめましたか(笑)
今日もとても寒かったですけれど、うたた寝してお風邪をめしていませんか?
寝不足のご様子でしたものね。お身体をご自愛くださいませ(笑)
>女の左目とか、クレオパトラとか、澁澤さんのお家に飾ってそうです。
そうでしょ!
昨年でしたか、埼玉?とか、横須賀?の美術館で澁澤さんのコレクションの展示会をしていたようですけれど、行けませんでした(涙)
アンティQは月曜定休日以外だいたい開いていますので、お近くまでお出かけの際は立ち寄ってウィンドーショッピングしてみるのもおもしろいですよ。
地下鉄、東京メトロの表参道駅の出口A1の階段を上がって歩道に出るとハナエモリビルの入り口正面です。その階段を下りた地下一階はアンティークマーケットでワンダーランドです。
追夢人はウィンドーショッピングで眼を養わせていただいています(笑)
>↑の夜会という作品も澁澤さんが好みそうな気がします。
そうですか♪
「夜会」は、画家廣川裕美子さんの銀座の青木画廊のプンクト展でのデビー作の一つです。詳しくないですけれど青木画廊も澁澤さんとは少なからず係わりがおありだったようですよ。みんな共通のなにかを持っていてつながってくるのですねぇ?♪
>江戸川乱歩の小説に出てくるような洋館に置いたら似合いそうなお品ばかりですね!
そうなんですか!?
文学に疎いので、どんな洋館か想像でしかイメージできてはいないのですけれど、江戸川乱歩といえば、『追夢人の手作りランプとブログ』でもご紹介したギャラリーニケでの個展「Tooru.Nogawa.展?虚構の宵闇奇譚?」もテーマは[RANPO]でした。追夢人はこの画家さんの描く世界も好きなのですよ!
http://tenmadetodoke.jugem.jp/?eid=168
Fu さまは、実はみんなお見通しですね(笑)
3. Posted by Fu Shusei   2008年02月27日 19:41
こんばんわ?
コタツでお昼にラーメン食べたあと、そのままウトウトしてしまい
目が覚めたらもう夕方になってました(泣)
こうやって牛またはトドになってゆくのですね・・・
>ホームページ「 珍奇陳列室 」のほうは覗かれましたでしょうか?
はい?。
女の左目とか、クレオパトラとか、澁澤さんのお家に飾ってそうです。
↑の夜会という作品も澁澤さんが好みそうな気がします。
江戸川乱歩の小説に出てくるような洋館に置いたら似合いそうなお品ばかりですね!
2. Posted by 追夢人(ついむと)   2008年02月26日 04:04
Fu さま
こんばんは?♪
コメントありがとうございます!
流石、テリトリーの広いFuさまですね!♪
澁澤龍彦さんつながりだと想います(笑)
ホームページ「 珍奇陳列室 」のほうは覗かれましたでしょうか?
1. Posted by Fu Shusei   2008年02月25日 15:50
珍奇陳列室、澁澤龍彦さんがよだれを垂らしそう(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字