骨董市に集う天使たちマリアさまのレリーフ

2008年03月10日

アッシジの聖フランチェスコ

 
 
アッシジの聖フランチェスコと天上のメロディ

2fca0f97.jpg

フランク・カドガン・クーパー 1904年

 格調高きブログ「 Quo Vadis イメージの本流 」のFu Shuseiさまのご好意により、
フランク・カドガン・クーパーの「アッシジの聖フランチェスコと天上のメロディ」の画像を
いただきました♪

___________________________________


 

4cc3b0c5.jpg

Maria in Gloria, mit Christuskind und Engeln,
Hl. Franziskus, Hl. Alvisus und dem knienden Stifter Luigi Gozzi
Tizian (1477-1576) ol auf Holz 312x215cm (1520)



6babe07d.jpg

San Francesco riceve le stimmate(1600)
Jacopo da Empoli (1551-1640)
Chiesa dei Cappuccini di Montughi,Firenze



4edd824b.jpg

Der Hl. Franz von Assisi und der Engel mit der Wasserflasche
Ribera, Jose de (1591-1652) ol auf Leinwand 129x98cm (1636-1638)
Academia de Bellas Artes de San Fernando, Madrid


___________________________________


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Sermon To The Birds  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年03月10日 07:17
  St. Francis of Assisi, Sermon To The Birds_________________________
2. 宝物を戴きました♪  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年03月27日 10:11
 いつもコメントをくださる傅柊青様のブログ 『Quo Vadis イメージの奔流 』の守護天使さまからの贈りものとして、遠藤周作さんの『聖書のなかの女たち』を天使堂の3月の開館22日に間に合うようにとFuさまが贈ってくださいました♪傅 柊青さまのご好意に心...
3. 伊豆高原の大室山  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年11月12日 13:11
←天使堂大室山の山頂から眼下に天使堂が見えます。リフトからちょうど反対側のお鉢巡りの遊歩道の辺りから真下を覗いて見てください。オレンジ色の屋根の真ん中に明かり取り窓の白いドーマが4つついているのが目印です。見つけられたらきっと幸せになれると想います♪天...
4. 化身  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年11月12日 13:29
 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 開館前日の午後、仕慣れない庭掃きに疲れ、南庭のガーデンチェアに腰掛けて一休みしていました。すると、木立からスズメよりひと回りくらい小さな、黄色混じりの小鳥が二匹、追夢人に向かって次々と滑空しながら真一文字に降下してき...
5. アッシジのフランチェスコ  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年11月12日 13:33
アッシジのフランチェスコ伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人______________________________
6. 天使巡礼天使堂 平成21年10月の開館は終了しました。  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月13日 10:49
            ギャラリー天使のいる回廊天使巡礼 天使堂 @伊豆高原群遊ぶ小鳥たちと戯れて10月の開館は無事に終了しました。これもひとえに皆さまのおかげです。ご観覧にお越しくださいました皆さま誠にありがとうございました。大切なお時間をいただき楽し...
7. あなたも群遊ぶ野鳥の小鳥と戯れてみませんか♪  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月13日 10:50
あなたも天使堂で群遊ぶ野鳥の小鳥と戯れてみませんか♪伊豆高原の大室山の麓、南大室台で、天使のいる回廊 天使巡礼天使堂を開館したのは、ちょうど3年前の10月 やはり群て野鳥の小鳥が遊びにきて、指にとまりました。その初めての体験に奇跡か!とびっくり仰天した...

この記事へのコメント

10. Posted by 追夢人(ついむと)   2008年04月26日 18:21
Fu さま
こんにちは♪
コメントと「アッシジの聖フランチェスコの4つの小さな祈り」のご紹介をありがとうございます!
ここ数日、家を空けていて、お返事が遅くなってしまってすみませんでした。
感激です! なんて美しいPapalinさまの歌声なのでしょう!
その清らかさに聴き入っているとまるでヨーロッパの古い小さな教会にいるような雰囲気に浸っているようで、心が洗われました。
聖フランチェスコの絵はおじさんばかりだったので、しっくりくる絵がなかなか見つけられないのですけれど、初めて拝聴させていただいた神聖な祈りの曲がこれほど美しく清らかな歌声で聴けるとは想ってもみませんでした。
FuさまとPapalinさまに感謝いたします♪
9. Posted by Fu Shusei   2008年04月24日 00:35
追夢人さん、こんばんわ!
とつぜんですが、フランチェスコに関する曲の御紹介です。
QuoVadisに たまにコメントくださるPapalinさんが「アッシジの聖フランチェスコの4つの小さな祈り」を録音されていらっしゃいました。(全パートをご自身で歌ってらっしゃいます。)
作曲したプーランクは数十年前まで生きていた作曲家ですが、フランチェスコの時代の雰囲気がとてもよく出ている美しい音楽です。
しかもフランチェスコと関連深いフランス語?♪
入眠前の癒しの音楽としていかがですか。ヨーロッパの小さな教会にいるような気分になれる、とても心が穏やかになる歌声です♪
記事(曲解説)
http://grappa60.at.webry.info/200510/article_27.html
曲が聴けるページ
http://papalin.yas.mu/W301/
(連続ストリーミング再生というところの124Kをクリックされるとよろしいかと思います)
8. Posted by 追夢人(ついむと)   2008年03月13日 20:52
妖しいFu さま
こんばんは?♪
追夢人は見た?! 想像以上の美形ですねー(笑)
>万華鏡にもそんなお話がでていましたね。
>いま、まさにそういう体験が続いてまして、自分でも怖くなるほどだったりします。
怖くなるほどの体験! 現在進行形ですか!?
落ち着きましたら詳しくお聴きしてみたいです(笑) 
追夢人は自分の体験が時間が経つほどにそのあまりにも起こり難い可能性に言葉にすると自分でも嘘っぽくきこえそうで、ほんとうは夢か幻ではなかったのかと自問しだしたりして…←ちと弱気(爆)
>自分とこのふれんちぃちぃの記事に追記までしてしまいました。
追記って、「メモ:ふれんちぃちぃ―その名の由来」のことですよね(笑)
追夢人のちっちゃい頭にはだんだん難しくなってきました?(笑) 間違えていたらすみません(^^;
>何年前だったでしょうか、アッシジは大変な地震に見舞われて、ジョットの作品もばらばらになってしまったと記憶しています。それを丹念に修復された方々には本当に頭が下がります。
地震は怖いです(^^;
ジョットの作品はフレスコで描いた古い壁画でしたから。
修復された方々がいらっしゃるのですね。
愛しているのですね。愛するものがあって幸せでしょうね。
伊豆の地震が騒がれてずいぶん久しいですけれど、その間に日本各地で大地震が頻発しているので、何処で発生してもおかしくないですから。
天使堂が地震で潰れたら、きっと泣いちゃう(^^;
>次の天使堂の開館はもうすぐですかね?
はい! 伊豆高原の天使堂の3月の開館日は、22日(土)、23日(日)に決めました。あとで正式にブログにアップしますね。
>ちぃちぃを抱いたふれんちぃちぃが、遠藤周作と一緒に訪ねてくるかもしれませんよ、お楽しみに。ふふふ・・・
ふふふ・・って、もしやポストマンではなく、Ufufu女神さまが直々に天使堂に御出現遊ばされるのでしょうか!♪!♪! ぬかよろこびでしょうか(^^;
7. Posted by Fu Shusei   2008年03月13日 01:53
私も花粉症です。チョイ前の記事(レバノンの花嫁)にチラッと載せた写真のような妖しい服装で防備しております。私の場合は鼻よりかゆみがひどいです。
>海外にも飛び回るようになったとき、・・・主人が実は若いときに使っていたものだったのですって!
そういうお話大好きです。
万華鏡にもそんなお話がでていましたね。
いま、まさにそういう体験が続いてまして、自分でも怖くなるほどだったりします。
自分とこのふれんちぃちぃの記事に追記までしてしまいました。嵌ってます。じぶんの底なしの泉に沈んでいっているUfufu女神でございます。
何年前だったでしょうか、アッシジは大変な地震に見舞われて、ジョットの作品もばらばらになってしまったと記憶しています。それを丹念に修復された方々には本当に頭が下がります。
さて、次の天使堂の開館はもうすぐですかね?ちぃちぃを抱いたふれんちぃちぃが、遠藤周作と一緒に訪ねてくるかもしれませんよ、お楽しみに。ふふふ・・・
6. Posted by 追夢人(ついむと)   2008年03月11日 20:19
Ufufu女神さま{冠}
ようこそ天使堂へ御復活くださりまして、ありがとうございます♪
あれ!その御正体はFuさま(笑) それもエスパーFuさま{ダンス}
昨夜はよく眠れてよかったですね。夢は覚えていらっしゃいますか(笑)
日が長くなってきました。愛猫がくしゃみを十回も連発しました。
追夢人も花粉で目は痒いし、頭がボ?として眠けが1日じゅう抜けません(笑)
>拙ブログのコメント返しさせていただきました?。
「メモ:アッシジの聖フランシスコ ―その名の由来」の記事のコメントですね。
ありがとうございますー♪
Ufufu女神さまのブログを追夢人はいつも読み逃げばかりが多くて申し訳ありません(^^;
残留思念の話ですけれど、骨董品にまつわるのもあります。
骨董店の片隅にひっそりと何年も埃をかぶっていた品物がある日、お客さまの目に留まり、欲しくなってさんざん迷ったけれど買わずに帰りました。その後に来るお客様、来るお客様がその品物を必ず手に取るようになって、数日後にとうとう売れたそうです。それが翌日、迷っていらしたお客様がやはり欲しくなって買いに来てとても悔しがったそうです。似た話は骨董屋さんからよく聞きますし、経験をしたこともありますよ。
 また、こんな実話をTVで見ました。ある女性が事務所を借りて事業を始めたとき、前の借り主が置いていった古い大きな木製のデスクを捨てずに使うことにしたそうです。事業も順調に拡大し、海外にも飛び回るようになったとき、大実業家の方と知り合い、ご結婚されたそうです。そのデスクは、大実業家になったご主人が実は若いときに使っていたものだったのですって!
 凄い話の後で恐縮ですけれど、追夢人が十数年前に現在の自宅に越してきて、数ヵ月後、真向いの住人の方がご自宅を売却し、伊豆高原へ引越していかれました。やっと顔見知りになって、挨拶や短い立ち話ができるようになってきた頃でしたのに。
その時はまさかその後を追うように伊豆高原に天使堂をオープンするとは夢にも想っていませんでした。その方の残留思念に呼び寄せられたような感も拭えきれません(^^;
次のコメントにつづきます。
5. Posted by 追夢人(ついむと)   2008年03月11日 20:11
Ufufu女神さま{冠}
上のコメントのつづきです。
>こんなに沢山のフレンチィチィ(←Ufufu女神的フランチェスコのニックネーム。…
>動物を引き連れたフレンチィチィとアッシジを「ちい散歩」(結構見てしまうTV番組・・・)してみたい。
アッシジを「ちい散歩」! いいですねぇ♪
地球のどのへんにあるのでしょうね。アッシジの風景写真を載せられているサイトもありました。FuさまはGoogle Earthしてたり(笑)
 話は戻りますけれど、一昨年の秋、初の伊豆高原の天使堂のオープンのときに追夢人の指にとまった小鳥たちもチィチィって鳴いていたので、今でも鳴き声がすると、チィチィちゃんがやってきたー!と喜んで木立を見上げるのですよ♪
>こんなおバカな管理人ですが、「格調高きブログ」なんて書いて下さってありがとうございます(涙)
いえいえ、ご謙遜を(笑)
>やっぱりリベーラが秀逸ですね。4月ごろ今度リベーラのアグネスやマグダラのマリアを載せますネ!
それは楽しみ?♪ アグネス マグダラのマリア ワクワクします←オイ!何か変なだぞ(爆)
>リベーラの作品を見るにつけ、師匠のリバルタ経由でのカラヴァッジョの影響を強く感じます。この作品なんかモロだなぁ・・・
Fuお嬢様のご登場(笑) サラリとでてこられるところが素敵です♪
これからもここぞという場面のときはよろしくお願いいたします(笑)
>事後報告で恐縮ですが、天使堂ブログもブックマークさせていただきました<(_ _)>
 
Fuさまのブログのリンク集に載せていただけて光栄です♪ ありがとうございます!
>女神も昨日何を書いたか、もう忘れちゃった(涙)
Ufufu女神さまもそこはFuさまの性格のままですね(笑)
4. Posted by Fu Shusei   2008年03月11日 18:14
Ufufu女神、復活したらしいです。
アメリカだったら麻薬指定になっちゃうという超強力睡眠薬で爆睡できました。(こわいから常用はしません)
こんなに沢山のフレンチィチィ(←Ufufu女神的フランチェスコのニックネーム。地井武男のチィチィをまねている模様)にいっぺんに会ったら、よだれ笑みがとまらないじゃないですか?♪
動物を引き連れたフレンチィチィとアッシジを「ちい散歩」(結構見てしまうTV番組・・・)してみたい。
こんなおバカな管理人ですが、「格調高きブログ」なんて書いて下さってありがとうございます(涙)
やっぱりリベーラが秀逸ですね。4月ごろ今度リベーラのアグネスやマグダラのマリアを載せますネ!
リベーラの作品を見るにつけ、師匠のリバルタ経由でのカラヴァッジョの影響を強く感じます。この作品なんかモロだなぁ・・・
ヤコポ・ダ・エンポーリの左上の天使のお腹、ぽんぽこりんですね。
親しみを感じてしまう・・
ところで、超いまさらなんですが、ブログの横っちょにリンク集をのせることにしました。事後報告で恐縮ですが、天使堂ブログもブックマークさせていただきました<(_ _)>
>「アッシジの聖フランチェスコ」の短いテキストを書くだけでも、調子の最悪なパソコンのフリーズやら、ご操作やらで、5回も消してしまって書き直していたのです
か、かなしい・・・
女神も昨日何を書いたか、もう忘れちゃった(涙)
リンク集も3回ほど間違って消して、作業に1時間以上かかってしまいました。
3. Posted by Ufufu女神   2008年03月11日 02:08
ひとばんねたらまたきますです。
たいへんおそくなりましたが
拙ブログのコメント返しさせていただきました?。
>その残留思念のせいかも
笑 笑
あ・り・え・る・か・も
エスパーFuさんなので、周波数の近い人の思念や電波を知らず知らずのうちにキャッチします《爆》
最近じっくり読めてなくてすみません。
外出の増加・奉仕活動・仕事・薬の変化などで頭と体がついていっていません。
でもココロは元気なのでご心配なく♪
とりあえず、規則正しい生活にもどしたいです。
そろそろ睡眠薬が効いてきたようなのでふとんにはいります。ではまた。
2. Posted by 追夢人(ついむと)   2008年03月10日 19:47
Fu さま
こんばんは?♪
ヘロヘロって、大丈夫ですか?(笑)
まだ見ぬ長文コメントありがとうございましたー♪
消えちゃったんですねぇ(^^;
 追夢人も何回やったことか! 情けないやら、悔しいやら、諦念せざるを得ないことを分かっているからこそ、その納得がいくまでの瞬間の苛々の窮みの直後に底なしの脱力感に襲われたことでしょう。 ・ ・ ・ お元気な復活をお待ちしています(笑)
 もしかしたら繊細なシンクロ体質のFu さまに謝らないといけないかもしれません(^^; と申しますのは、追夢人も今回のこの「アッシジの聖フランチェスコ」の短いテキストを書くだけでも、調子の最悪なパソコンのフリーズやら、ご操作やらで、5回も消してしまって書き直していたのです。その残留思念のせいかも…{すいません}
1. Posted by ヘロヘロShusei   2008年03月10日 11:42
TB有難うございます♪
15行くらいの長文コメントを書いたのに
うっかりまちがえて全部消してもた_|?|○・・・
立ち直ったら(笑)、また後で伺います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
骨董市に集う天使たちマリアさまのレリーフ