2008年03月26日

宝物を戴きました♪

 
29c0fa58.jpg


いつもコメントをくださる傅柊青様のブログ 『Quo Vadis イメージの奔流 』の
守護天使さまからの贈りものとして、遠藤周作さんの『聖書のなかの女たち』を
天使堂の3月の開館22日に間に合うようにとFuさまが贈ってくださいました♪

傅 柊青さまのご好意に心から感謝いたします。 

伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人
______________________________


それも嬉しい大きなオマケと一緒にFuさまが10代の頃に漫画の手法で描かれたと
いうラファエル似の大天使ガブリエルのイラスト(初公開)に添書きを付けてくださいました
大きなオマケは、大好きな聖フランチェスコのキッチュなフィギュアを表紙にした
「聖人を巡るイタリア」を特集している雑誌Eaquireです。あと素敵な天使の絵葉書
とフランク・カドガン・クーパーの「アッシジの聖フランチェスコと天上のメロディ」のカード、
極めつけは、台湾の木彫りのクマさん親子のオマケです(笑)
クマさん親子は「マリアさま部屋」の隣の「ヲ伽の部屋」に飾らせていただきました♪
ティディベアミュージアムに少数で向こうを張っている精鋭部隊の仲間入りです(笑)
『聖書のなかの女たち』はFuさまの、Eaquire「聖人を巡るイタリア」特集は追夢人の

宝物キラキラです♪

23c7e1b2.jpg

Esquire 2005年3月号 日本版
「聖人をめぐるイタリア」
エスクアイア マガジン ジャパン
______________________________


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アッシジの聖フランチェスコ  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年03月27日 10:20
  アッシジの聖フランチェスコと天上のメロディフランク・カドガン・クーパー 1904年 格調高きブログ「 Quo Vadis イメージの本流 」のFu Shuseiさまのご好意により、フランク・カドガン・クーパーの「アッシジの聖フランチェスコと天上のメロディ」の画像...
2. ヘロディアの娘 ―女と生首 I  [ Quo Vadis(クオ・ワディス) イメージの奔流 ]   2008年03月27日 11:03
画像はクリックで拡大します。★★★ オスカー・ワイルドの戯曲「サロメ」にファム・ファタル(運命の女)として描かれたサロメは、聖書にはその名前すら記されていません。 ただ「ヘロディアの娘」と記されているだけ。 サロメという名は、ユダヤの著述家 フラウィウス...
3. 小鳥たちみたいに ―アッシジの聖フランチェスコと天上のメロディ  [ Quo Vadis(クオ・ワディス) イメージの奔流 ]   2008年03月27日 11:04
画像はクリックで拡大します。 ★★★ ■「アッシジの聖フランチェスコ(フランシスコ)と天上のメロディ」 フランク・カドガン・クーパー 1904年 そのとき、フランチェスコは、あまたの小鳥がむらがっているのを見て、近づいていった。それでも小鳥たちは、いっこう...
4. フラ・アンジェリコの「キリストの埋葬」「我に触れるな」  [ Quo Vadis(クオ・ワディス) イメージの奔流 ]   2008年03月27日 11:07
画像はクリックで拡大します。★★★ ■「キリストの埋葬」 フラ・アンジェリコ 1438-1440年 ミュンヘンのアルテ・ピナコテークで見た作品で、もっとも印象深かった作品のひとつ。 縦40センチ弱の小さな絵であったが、静謐な美しさと哀感を湛えた作品だった。 キリスト...
5. 聖書のなかの女性たち  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年04月10日 19:06
 Fuさまが天使堂に贈ってくださった『 聖書のなかの女性たち 』遠藤 周作(著) 講談社文庫です♪伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人――――――――――――――――――――――――――――――――
6. アッシジのフランチェスコ  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年11月12日 13:14
アッシジのフランチェスコ伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人______________________________
7. 化身  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年11月12日 13:29
 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 開館前日の午後、仕慣れない庭掃きに疲れ、南庭のガーデンチェアに腰掛けて一休みしていました。すると、木立からスズメよりひと回りくらい小さな、黄色混じりの小鳥が二匹、追夢人に向かって次々と滑空しながら真一文字に降下してき...
8. 野鳥の小鳥も手にとまる自然豊かな伊豆高原  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年11月26日 01:20
野鳥の小鳥も手にとまる自然豊かな伊豆高原♪※天使のオーナメントにとまっている小鳥は野鳥のヤマガラのチィチィちゃん伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人______________________________

この記事へのコメント

2. Posted by 追夢人(ついむと)   2008年03月28日 03:35
Fu さま
こんばんは?♪
>記事掲載&TBをありがとうございました!
こちらこそトラックバックありがとうございました♪
Fu さまのブログの「フラ・アンジェリコ」の記事にもTBさせていただきました。
これから書かれる予定の「聖マルタ」の記事にもアップされたらもちろんTBさせていただきま?す(笑)
遠藤周作さんの『聖書のなかの女たち』を天使堂に贈ってくださって、ほんとうにありがとうございました。
オマケもこんなにたくさん付いているとは想像していなかったので、驚くやら、嬉しいやら、ほんとうにありがとうございました。
エスカイヤの表紙が白い鳩を腕にした聖フランチェスコのフィギュアの写真だったのを見た時には感激して目頭が熱くなりました(笑)
中身もイタリア彫刻などの制作現場が写真などで紹介されていて、ほとんどヨーロッパに行ったことのない追夢人にとってはとても興味深く、ありがたい内容です。
追夢人には一生の宝物です♪
今回初公開してくださったFu さまが10代の頃に描かれた大天使ガブリエル、第一印象は美人でFu さまに似ているような気がしました(笑)
台湾の木彫りのクマさんも可愛いです♪ 実は追夢人はクマさんが大好きなのですよ(爆) 何でわかっちゃたのでしょうね?(笑)
>天使の彫刻のポストカードは、以前額をほめていただいたときの中身です。
天使の絵葉書だと想ったのは、彫刻のポストカードだったのですね。
それもFu さまのブログで一度拝見してとっても気に入って、Fu さまに何の天使かお訊きしていたものでしたね(~~;
覚えていてくださったのですねぇ♪ すっごく嬉しいです!
それに一枚しか残っていない貴重なものをいただいてしまって恐縮です。
ほんとうにありがとうございますー!
1. Posted by Fu Shusei   2008年03月27日 11:16
こんにちは!
記事掲載&TBをありがとうございました!
最新記事のフラ・アンジェリコにも遠藤さんの本からの引用を載せてますので、よろしかったらこちらにもTBください。
あと、次の次の記事(予定)の「聖マルタ」にも引用しますので、そちらにもお願いします。
喜んでいただけたようで、私も本当に嬉しいです。
天使の彫刻のポストカードは、以前額をほめていただいたときの中身です。コレ↓
http://quo-vadis.up.seesaa.net/image/deco-thumbnail2.jpg
なぜかもう1枚発見しましたので。
どうも自分の額のほうは、ポストカードブックの表紙をぶった斬ったものだったみたいです。(・・・みたい・・って)
エスカイヤはぱらぱら見ているだけでウットリでしょう(笑)
タダ文章がね、ちと・・・聖人名を全部イタリア語で統一しているのでかえって分かりづらい・・・。
脳みそがこんがらがりそうになるので、しばらくは写真だけお楽しみになることをおすすめします(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字