悲しみの聖母のミニアチュールエンジェルと少女のブロンズ像

2008年04月10日

聖書のなかの女性たち

 
af29a804.jpg


Fuさまが天使堂に贈ってくださった
『 聖書のなかの女性たち 』
遠藤 周作(著) 講談社文庫です♪

伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人
――――――――――――――――――――――――――――――


 キリストの顔を布で拭ったヴェロニカ、マグダラのマリア、大司祭長カヤパの女中、ヨハネの首を得たサロメ、良妻賢母型のマルタ、ローマ総督ピラトの妻など、聖書のなかから11人の女性を選んで、人を裁き、批判し、軽蔑するのではなく、人はみな弱いもの、過ちを犯さざるをえなかった人の苦しみを理解し、その痛みを共感できる心をもつことの大切さを説いています。
――――――――――――――――――――――――――――――――


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 宝物を戴きました♪  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2008年04月10日 19:00
 いつもコメントをくださる傅柊青様のブログ 『Quo Vadis イメージの奔流 』の守護天使さまからの贈りものとして、遠藤周作さんの『聖書のなかの女たち』を天使堂の3月の開館22日に間に合うようにとFuさまが贈ってくださいました♪傅 柊青さまのご好意に心...

この記事へのコメント

2. Posted by 追夢人(ついむと)   2008年04月11日 12:13
Fu さま
こんにちは♪
ご旅行前のご準備でお忙しいところ、たくさんのコメントをありがとうございます!
よいご旅行になることをお祈りしています。お身体に気をつけて行ってきてくださいね(笑)
>御紹介ありがとうございます(涙)
こちらこそ、追夢人にこの著書を惹きあわせてくださったFu さまに感謝しています♪
>名著中の名著だと思うのですけど、…
ほんとうに仰るとおりだと想います。聖書のなかではほんの少ししか記述がない女性たちの登場場面をまるで目に浮かぶように遠藤さんの想像力を交えて具体的に書かれていて、また、その意味するところもわかりやすく説かれているので自然と心に響きました。
>どうしてこうも置いている本屋が少ないのか・・・
>(本屋に行くたびチェックしているらしい!?)
そうなのでしたね(笑) ご紹介いただいてから、地元の行きつけの古本屋さんに何回か足を運びましたが、二軒とも置いてなかったです(^^;
その時に、ちょうど昨日のFu さまのブログのコメントでお勧めくださった絵も沢山出ていて内容も親しみやすいという、「イエスに邂った女たち」を手に入れておりましたです(笑) まだ読んでいないのですけれど、「聖書のなかの女性たち」と内容がかなり被るとのことですが、更に印象が鮮明になることでしょうし、何回読んでも読みたい内容です(笑)
>草の根運動(?)で広げていきたい本です。
このブログでもとりあげて少しでもお役に立てば幸いです!
>読むときの自分の心の状態によって、万華鏡のように姿を変える本です。。。
伊豆高原の天使堂から持ち帰って今、手元にあります。また天使堂に置く予定なので、もう一冊手に入れていつでも手の届く身近に置きたいと想います。また気が向くままにしみじみ読んでそのときの自分を振り返ってみたいと想います。
活字の苦手な追夢人に贈ってくださってほんとうにありがとうございました。
1. Posted by Fu Shusei   2008年04月11日 00:14
御紹介ありがとうございます(涙)
名著中の名著だと思うのですけど、
どうしてこうも置いている本屋が少ないのか・・・
(本屋に行くたびチェックしているらしい!?)
草の根運動(?)で広げていきたい本です。
読むときの自分の心の状態によって、万華鏡のように姿を変える本です。。。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
悲しみの聖母のミニアチュールエンジェルと少女のブロンズ像