陶板画に纏わるシンクロニシティ・2Le Myrte

2008年07月13日

陶板画に纏わるシンクロニシティ・3

 2008年4月下旬に東京プリンスホテルで開催されたザ・美術骨董ショーを今年も見に行きました。
 国内外より、約200社が参加し、日本を始め、世界各地より集められた古美術品から現代美術まで、およそ30万点の美術品が展示即売される、日本を代表するショーとか。

2965dfad.jpg


伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 追夢人とシンクロニシティ
_______________________________


 追夢人のお目当ては、第一にマリアさまの陶板画、アッ、天使も…(笑) それ以外はサーっと横目で流しますけれど、他のアイテム、たとえば、ブロンズや木彫りの天使とか、ロシアイコンなどで、よいものは光っているので目に付きますから、ほとんど見逃すことはありません。 
 去年はマリアさまはあまり無かったように記憶していました。今年も、あっても10点くらいしかないと思っていました。その中で気に入るのがある確率はとても低いのです。気に入っても手の届く価格帯となると望み薄なのは分かっていますから。場所代が価格に上乗せされている可能性もありますし…。

04e5ac6a.jpg

 今年は珍しく、筆の質の高い『マグダラのマリア』さまの陶板画が2種類も目に留まりました。見上げている図柄(縦長の四角)と横たわっている図柄(横長の四角)です。大きさは異なるものの、2つずつありました。あるお店には両方ともありました。それは本当に驚きでした。
 見上げている『マグダラのマリア』さまは、KPMとそれより一回り小さいドレスデンが、一点ずつ別々の店にありましたけれど、ドレスデンの絵付けがすばらしかったです。KPMの半額もしていませんでしたが、それでも手が出せません。泣く泣く、そのお姿を脳裏に焼き付けました。
 あと、それは見事な木彫の金彩色の額縁に納められた黄金背景の聖母子の小さな陶板画で、喉から手がでるほど欲しいイコンでした。

c8e28158.jpg
 その後の5月中旬、ヤ○オクで、窯名が不詳の、更に小さな(縦長の楕円)、見上げている『マグダラのマリア』さまが出品されました。絵付けの質は、ザ・美術骨董ショーで気に入ったドレスデンには及びもしませんけれど、7人の競争相手を振り切って落札できました♪
 落札価格はドレスデンの20分の1もしませんでした。KPMのほぼ50分の1です(爆)
 その後すぐ(6月上旬)には同じ出品者から、KPMで横たわっている図柄(横長の楕円)が出品されてまた吃驚しました。

 すると別の出品者がそれに続くように、フッチェンロイター窯のムリーリョの『無原罪の御宿り』の陶板画を出品されました。ムリーリョの『無原罪の御宿り』のマリアさまは、ブログ【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】の一番最初の画像、跪いている天使の次に載せているほどだったので、こちらに入札して、少し熱くなってがんばったのですけれど、結局、及びませんでした。

d932581f.jpg

 その翌日の晩、オークション詐欺のようなメールが届き、後味の悪い思いをして、マリアさまの陶板画に纏わるシンクロニシティは幕を閉じるかと思いきや、その後は、木の葉も揺れることなく、ささやかな現代の工芸的な可愛く小さな陶板イコンを2つと、つい先日は小さな木製の金色三連イコンを1つを、懲りずに落札しました(笑)
 実は、小さな金色三連イコンは、追夢人が最初にイコンというものに興味を持ち始める切っ掛けとなる原点なのでした。
6e682af2.jpg

_______________________________


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. The Magdalen  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年01月13日 17:03
The MagdalenGuido Cagnacci (1601-1663) Oil on Canvas 75.5x65.4cm______________________________
2. 陶板画に纏わるシンクロニシティ  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年08月19日 05:49
 追夢人は何年間も気に入るマリアさまの陶板画を探し続け、今年2008年3月にやっと見つけたのは、カルロ・ドルチの「悲しみの聖母のミニアチュール」です。 磁器の陶板画ということでは3枚目になります。窯元は無名ですけれど、ドイツです。 1枚目は、数年前に平...
3. 陶板画に纏わるシンクロニシティ・2  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年08月19日 05:52
 何年もの間、気に入る聖母の陶板画を探し続けて、今年2008年3月にやっとカルロ・ドルチの「悲しみの聖母のミニアチュール」をヤ○オクで見つけたということは、この前の記事にも書きました。 カルロ・ドルチの「親指の聖母」(1680年頃) ※2009/8/19訂正 「重...
4. 特集陳列 聖母像の「到来」  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年08月19日 06:37
  特集陳列 聖母像の「到来」2009年8月4日(火)?2009年9月6日(日) 東京国立博物館 本館特別1室〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9  以下【 】内は、東京国立博物館のホームページからの転載記事です。 【 東京国立博物館は、541件のキリシタン関係遺品を所蔵し...
5. 西洋陶絵付けの豆知識  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年11月14日 07:31
西洋陶絵付け(チャイナペインティング/ポーセリンペインティング)の豆知識ポーセリンアート茉莉花さまのホームページを参考にさせていただきました。上絵付け(オーバーグレーズ)…チャイナペインティング一般 釉薬の掛かった磁器の表面に専用絵の具で描いた絵を窯で...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
陶板画に纏わるシンクロニシティ・2Le Myrte