2009年10月05日

天使巡礼天使堂 常設展示室 マリアの小部屋


           ギャラリー
天使のいる回廊

天使巡礼天使堂 常設展示室

マリアの小部屋


e1c9b3be.jpg


ピサネロの聖母】 三上柳子 黄金背景テンペラ 2001-2002

9a40bc3a.jpg



b94b8d6d.jpg


02651e4d.jpg


45c8b894.jpg


054c12a1.jpg


393a1f11.jpg


c752a679.jpg


伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. マリアさま  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月05日 18:04
   カンバスに描かれたマリアさまの油彩です。作者は二科会の画家さんです。サインと裏書がありますが、お名前は読取れませんです。すみません。涙のように見える粒は、シャンデリアのドロップの輝きが反射して額のガラスに映った光です。十字架も横壁に掛かっているの...
2. マリアさまの陶板  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月05日 18:06
アンティークではありませんが、イタリアの窯の陶板です。今ではもうこのクラスの絵を描ける職人さんは、数少なくなったと直輸入されている店主さんが教えてくれました。【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人
3. イエス・キリストの木彫りの頭部  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月05日 18:08
 イエス・キリストの木彫りの頭部残された木の皮がイエスの背負った十字架の柱として表現されています。一刀彫 高さ約30? 作者・制作年不詳伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人______________________________
4. 悲しみの聖母のミニアチュール  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月05日 18:11
  悲しみの聖母陶板画 105x65mm ドイツ 窯元・年代不詳【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人――――――――――――――――――――――――――――――――
5. 幼子イエス  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月05日 18:12
  ドレスデン?の陶板画葉書サイズよりひとまわり小さめ―――――――――――――――――――――――――――
6. ひざまずいて祈るかわいらしい天使  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月05日 18:14
   ひざまずいて聖母に祈りをささげている天使です。画像では天使のお顔が見えませんけれどそれがひときわかわいらしいのですよ!小さな足のうらもカワイイでしょ(笑)天使堂に見にきてくださいね♪伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人__...
7. ガラス絵  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月05日 18:18
昨日の土曜日の伊豆高原駅前青空市で見つけました
8. 「鶉の聖母」の模写  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月05日 18:19
 ピサネロの聖母三上柳子 黄金背景テンペラ技法 50x33? 2001-2002年※ 画像の無断転載は禁止です。伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人______________________________
9. ほのぼの  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月05日 20:05
追夢人の手作りランプエンジェルのオーナメントもソーダガラスの瓶も木の蓋も既製品ですけれど瓶はアイボリーに木の蓋はピンクにぬったのですっ♪
10. アンティークな油彩のマリアさま  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年10月05日 20:32
キャンバスに油彩のマリアさま。アンティークでかなり古いものです。作者不詳2度目の掲載です。少し拡大しました。[Madonna in preghiera,Guido Reni (1575-1642),lio su tela, in ovale, senza cornice 73.5x57.5cm]の模写と2009年09月19日に判りました。2009年10月05...

この記事へのコメント

2. Posted by 追夢人(ついむと)   2009年10月08日 00:50
{猫} ミー太郎さま
こんばんは!
コメントありがとうございます♪
楽しんでいただけて嬉しいです!!!
Madonna in glory{キラキラ}
ほんとその美しさに、見つけて、びっくりしました(笑)
カルロ・ドルチ(1616-1686)の1670年頃の作品ですね♪
実物はみたことがないのですけれど{汗}
 カルロ・ドルチの実物といえば、妻をモデルにしたという「悲しみの聖母(1650年頃)」は上野の国立西洋美術館に常設展示されていて、それもまた美しいですよ。
 ちなみにそのプリントが額に入って、この記事の一番上の画像に写っています。燈ったランプシェードがガラスに反射して見にくいですけれど。この「悲しみの聖母」のプリントは、今年2月から6月まで上野の国立西洋美術館で開催されていた「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」に私の大好きな大天使ガブリエルとマリアさまの対の、やはりカルロ・ドルチの作「受胎告知(1653-1655年頃)」が来たので見に行った時、売店で購入しました。
 カルロ・ドルチの作ではありませんが、酷似しているといわれる「親指のマリア」が上野の国立博物館に常設展示されたので、今年になって初めてみることができました。
1. Posted by ミー太郎   2009年10月07日 10:26
こんにちは!
数々の名画に、目の保養をさせて頂きました。^^
Madonna in glory、美しい?
素晴らしいですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字