アート・クラフト作家さまへ! ワークショップの標語 できました♪エコの時代に痛み入る

2009年11月13日

西洋陶絵付けの豆知識


西洋陶絵付け(チャイナペインティング/ポーセリンペインティング)の豆知識


ポーセリンアート茉莉花さまのホームページを参考にさせていただきました。


上絵付け(オーバーグレーズ)…チャイナペインティング一般

 釉薬の掛かった磁器の表面に専用絵の具で描いた絵を窯で約800℃で焼成して釉薬に絵の具を定着させる。焼成前の絵の具と色味が大きく変わらない。

 ヨーロピアン・スタイル…マイセン、ヘレンドなど

944d01b7.jpg

↑ドレスデン?の陶板画
d0a41295.jpg

↑窯名不詳


 アメリカン・スタイル…?

bc0cb486.jpg

↑窯名不詳



下絵付け(アンダーグレーズ)…日本の染付け(和陶絵付け)

 素焼きの素地に呉須(原料が酸化コバルトの絵の具)で描いた絵に透明釉をかけて本焼(高火度焼成)する。


イングレーズ

 釉薬の上に専用の絵の具で描いた絵を釉薬が溶けかける高温(1250℃位)で焼成し釉薬の中に絵の具を滲みこませる。大倉陶園ではシンク・インと呼ぶ。

db2a5f29.jpg

↑ドイツ窯名不詳

e0e6f24f.jpg

↑K.P.M.


装飾技法

 金彩(金液使用)、盛り(盛上剤使用の金下盛り、オールドノリタケのイッチン盛り)、箔、チップ・オフ、マーブルローション・クラックローション、ラスターなど。メタリック効果をだすには雲母を使用。

71b65e88.jpg

↑窯名不詳



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 古川 未央子 陶版画 展  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年11月13日 18:24
 イタリアでご活躍されているマジョリカ焼と磁器の絵付師 古川未央子さまが日本での初個展のご案内を フィレンツェから、伊豆高原の天使のいる回廊天使巡礼天使堂に送ってくださいましたので、皆様にもご紹介いたします♪この機会をお見逃しなく!Maiolica e Porcellan...
2. 悲しみの聖母のミニアチュール  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年11月13日 18:30
  悲しみの聖母陶板画 105x65mm ドイツ 窯元・年代不詳【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 門番 追夢人――――――――――――――――――――――――――――――――
3. 幼子イエス  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年11月13日 20:52
  ドレスデン?の陶板画葉書サイズよりひとまわり小さめ―――――――――――――――――――――――――――
4. 陶板画に纏わるシンクロニシティ・3  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年11月14日 07:21
 2008年4月下旬に東京プリンスホテルで開催されたザ・美術骨董ショーを今年も見に行きました。 国内外より、約200社が参加し、日本を始め、世界各地より集められた古美術品から現代美術まで、およそ30万点の美術品が展示即売される、日本を代表するショーとか...
5. 陶板画に纏わるシンクロニシティ・2  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年11月14日 07:23
 何年もの間、気に入る聖母の陶板画を探し続けて、今年2008年3月にやっとカルロ・ドルチの「悲しみの聖母のミニアチュール」をヤ○オクで見つけたということは、この前の記事にも書きました。 カルロ・ドルチの「親指の聖母」(1680年頃) ※2009/8/19訂正 「重...
6. 陶板画に纏わるシンクロニシティ  [ 天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原 ]   2009年11月14日 07:24
 追夢人は何年間も気に入るマリアさまの陶板画を探し続け、今年2008年3月にやっと見つけたのは、カルロ・ドルチの「悲しみの聖母のミニアチュール」です。 磁器の陶板画ということでは3枚目になります。窯元は無名ですけれど、ドイツです。 1枚目は、数年前に平...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アート・クラフト作家さまへ! ワークショップの標語 できました♪エコの時代に痛み入る