2010年01月27日

蔵書票 ウルビーノの天使


完成間近の蔵書票「ウルビーノの天使」
※ 画像の無断転載は禁止です。

完成間近(98%)の蔵書票

「 ウルビーノの天使 」

銅版画家 高田美苗

 銅版画 エッチング・アクアチント 170x54mm (2009.10)


※敬称略。画像は、高田美苗さまのブログ
妖精のかくれ家」からお借りしています。



伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 所蔵作品
ギャラリー                 
_
2階
天使のいる回廊 にて完成作品を常設展示しています♪

門番 追夢人(ついむと)



トラックバックURL

この記事へのコメント

6. Posted by 追夢人(ついむと)   2010年02月01日 18:30
acqua さま

こんばんは!
再コメントありがとうございます♪

あてずっぽ~だってば!
追夢人のは、親指から小指までちょうど20センチで、おおよそのスケール代わりにしてます(笑)

夏が待ちどおしくなっちゃうです(爆)
5. Posted by acqua   2010年01月31日 16:00
二の腕フェチ...
そろそろ「振袖化」のお年頃。
気をつけねば。

しかし追夢人さんのお眼利きには驚きました。
私の手を広げた、親指から小指まで18センチです。
爪を少し伸ばしているので、除いたら17センチ強。

...スリーサイズは透視しないでチョ。
あと二の腕も夏まで待っててください(--;
4. Posted by 追夢人(ついむと)   2010年01月30日 01:49
Fu 女王さま

こんばんは♪
いつもコメントありがとうございます!

お褒めいただき嬉しいです♪
そうそう、私、二の腕フェチというのを忘れてました(笑)

>作者の方はウルビーノにインスピレーションを得て、この作品を創られたのでしょうか?

May be !
詳しくは存じ上げませんが、ウルビーノ公フェデリコ・ダ・モンテフェルトロが本が大好きだったとか。
イタリアの空気を吸わせてあげようと、画像の蔵書票をイタリアまで持っていかれてました。
「イタリアへ……」http://fairy.blog.so-net.ne.jp/2009-10-21
「天使まみれーその1(10月24日)」http://fairy.blog.so-net.ne.jp/2009-11-08

いえいえ、わざわざご報告、ありがとうございます。
何か少しでも Fu 女王さまのお役に立てれば光栄ですから♪
3. Posted by Fu   2010年01月29日 23:41
美しいですね。
すっと伸びた、しかし細いだけでない生命力を感じさせる肉感もある腕に惹かれました。
ウルビーノと聞くと、ティッツィアーノの「ウルビーノのヴィーナス」やウルビーノ生まれのラファエロを思い出すのですが、作者の方はウルビーノにインスピレーションを得て、この作品を創られたのでしょうか?

ところで 思うところあって、ブログ記事の文中に、追夢人さんのコメントから引用させていただきました。
事後報告でごめんなさい…!
2. Posted by (追夢人(ついむと)   2010年01月29日 03:28
acqua さま

こんばんは♪
たのもしいコメントありがとうございます!

長身の天使は、ほんと翼とのバランスで、いちだんと美しさをましますね♪
この蔵書票は、縦17センチ、もしかしたら acqua さまの、ひろげた掌の親指の先から小指の先くらい。横は5.4センチで、小指の長さくらいかも(笑)
おっしゃるとおり高田美苗さまの銅版画の緻密さには定評があって超一流です(笑)
彼女のブログで画像が紹介された時から欲しかった作品です♪
acqua さまも御眼が高いですね!
1. Posted by acqua   2010年01月29日 02:14
基本を押さえつつも、
現代風のアレンジですね。
天使の美しさは翼とのバランスだとわたしは思っています。

ニードルからすると小さめの作品でしょうか?緻密ですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字