すれちがいとシンクロニシティカオの形・貌展

2010年04月08日

十字架つきショルダーバックとのシンクロニシティ

十字架つきショルダーバックとのシンクロニシティ

2009年4月7日(水)、横浜線の八王子方面の電車に乗車して、つり革につかまり、ふと目の前に座っている女性の胸元を見ると、細く短い二重のチェーンに小さくシンプルな細身のクロスと細かなダイヤを十字にいくつも並べだ小さなクロスをダブルでかけていました。私は小田急線に乗り換える駅で下車しました。

2009年4月8日(木) この日は、横浜線のホームのベンチで電車を待っているときから、十字架をしている人にまた出会うのではないかと首もとのペンダントトップを意識してしまいました。数人、前を通り過ぎましたが、ハートだったり、お洒落に着こなしたスカーフで見えなかったりでした。

横浜方面の電車に乗車して、中ほどに座わる時にもつい首もとに目がいってしまいます。腰掛けてからも反対側の座席の人たちの首もとを見ながら左右にキョロキョロしてみましたけれど、見当たりませんでした。

伊豆高原の天使巡礼天使堂で、秋頃には追夢人の指に野鳥の小鳥のヤマガラが交互に何十匹もとまります。ギャラリーをご観覧にお越しになられたお客さまにお見せしようと意識してギンギン指を差し出しても、お客さまの前ではほとんどとまったことがありませんでした。一組か二組のご夫婦の指にとまったことはありましたけれど…。

ギンギンしているときは駄目なものなのさと諦めた途端、何と! 目の前で後ろ向きで立っている若い女の子の、グレーの厚地のデニムのショルダーバックに、見覚えのあるゴシックな銀色の十字架が付いているではありませんか!

十字架つきショルダーバック 車内
  2009年4月8日(木) JR横浜線 車内↑
※ 撮影&掲載はご本人のご了承を得ています。



それは、2009年4月5日(月)の午後、京王線の調布駅から八王子方面行きに乗車して座席に腰掛けた時、右隣の男性の膝に置かれた十字架付きのデニムのショルダーバックとまったく同じではありませんか!

今回ばかりは声をかけ、横浜線の車内で写真を撮らせてもらいましたけれど、ブレプレでした。たまたますぐに田園都市線に乗り換える駅で一緒に下車されたので、もう一枚ホームで撮らせてもらいました。
どこのブランドかお訊きしましたが、わからないとのことで、流行っているの?とも訊ねましたけれど、そうでもなさそうでした。その方の地元にあるサンワという大型スーパーで買われたそうです。

  2009年4月8日(木) 長津田駅ホーム↓
十字架つきショルダーバック ホーム

※ 撮影&掲載はご本人のご了承を得ています。

その日は、それからシンクロ二シティの嵐でした。

もうこうなると田園都市線の車内でも目はレーダーの如く勝手にキョロキョロ、グルグル止まりません。時には前に座った人の胸元の、反射で模様が定かでないを金のメダルが不思議のメダイかと凝視したり(爆)
銀のペンダントまではわかってもトップを確認できなかった婦人が隣に座ったのでたまらずお尋ねしたら、四角いメダルに立体的な髑髏が付いていたり(笑)
下車してからも、すれ違う人々の胸元に釘付けでした。2人シンプルなクロスをしていました。

面白いのは、渋谷109方面へ地下鉄の連絡通路を歩いていたら、最近のアリスの映画の予告編を大型液晶ディスプレイで上映していて、「アリス19歳」と映し出されたところを横目に通り過ぎて、前方の階段へ近づいたら、駅員さんが大きめの鍵を2つも首から紐で吊り下げて、駆け下りてきて慌てる様に改札口のほうへ走り去って行ったことです。

渋谷109の直前にある右側の階段から地上に出たら、すぐに青いロザリオの男性が目の前を通りすぎました。たて続けに中玉のシルバーチェーンに大きい銀のクロスだった茶髪で長髪のお兄さん、歩いているとシャツの背中が髑髏のプリント柄の女性、東急本店までの往復で、駅の近くまで戻ると今度は真珠のロザリオの女性といったぐあいでした。その間、クロスを首からかけている人とは数人すれ違いました。もう頭が狂いそうでした(爆)
渋谷だからかもしれませんけれど…。ただ流行ってるだけだったりして(_ _; 
って、おいっ!!

トラックバックURL

この記事へのコメント

8. Posted by 追夢人(ついむと)   2010年04月14日 03:02
acqua さま

こんばんは!
再コメントありがとうございます♪

そうですね(笑)
今まではささやかなシンクロでしたのでずっと楽しんできて余裕でした。
しかし、ここ半月、嵐に見舞われた感じになり、パニックになってしまいました。
でも acqua さまとシンクロニシティについてお話しさせていただいたおかげでだいぶ冷静さを取り戻しました。
自分の置かれている位置付けが理解でき、助かりました。
もう大丈夫です。ほんとうにありがとうございます♪

カプは雌ですけれど、元気過ぎて他の猫に跨ったりして、行動はどう見ても雄にしか見えません(爆)
あとの雌3匹は、連れ合いより私の方を大大大好きなのです(笑)!♪
そのなかでナムちゃんだけは、抱かれるのは嫌いです。
キジトラのカプは何処にでもいる模様で、平凡カププといって邪険にしています。
それで余計に連れ合いに懐いています。
ピンクの肉球いいですね。もうおりませんが、赤のプチが少しはいった白の雄猫、坊くんの瞼もピンクでした。寝起きの瞼は更に赤みが増してかわいかった。ピンマブボウくんと呼んで、目に入れても痛くないほど猫可愛がりしてやりました♪
7. Posted by 追夢人(ついむと)   2010年04月14日 03:00
acqua さま

上のコメントの続きです。

撤退した大工センターは鶴川街道の多摩川原橋の近くで、ゴルフ場の向かいでした。

多年草のハーブなんですね。多摩川で自生していた一年草のジャーマンカモミールから種をとって、昨年私が実家の鉢に蒔いておいたのが大きくなってきました。

サンワは、そういえば、大工センターを捜しに行った時、京王よみうりランド駅に近いショッピングセンターの中にはいっていました。
向陽台のサンワは10年前に母が私立病院に入院したとき身の回り品を買い出しに行ったことがありました。

作日は、自宅の最寄駅の手前のローゼンの入り口の前で、たぶん、ショルダーバックに付いていたあのゴシックのシルバー色の十字架をチーンで首にかけていた若い男性とすれちがいました。たぶんというのは、間違いないと思いますけれど、ひっくり反っていたのではっきり模様を確認できなかったもので(^^;
あともう一人、珍しく金色の大きい十字架を首にかけた男性と橋本駅の乗り換え通路ですれちがっただけです。男性のクロスはどちらかというと大きめという印象をもちました。
今日はもう行きも帰りも車内で遭遇することはありませんでした(_ _;
6. Posted by acqua   2010年04月13日 02:58
> 男性に抱かれたのは夫が初めて...

って、なんかアブナイ表現でしたね(爆!)
猫の愛が抱っこされた男の人は夫が最初です。
5. Posted by acqua   2010年04月13日 02:55
今は整理がつかない、というのはよくわかります。
無理に意味を探さないで、とりあえず享受してみるのもアリかと思います。
(享受:あるものを受け、自分のものとする、あるいは自分のものとして楽しむ。)

カプー(ちゃん?くん?)は、
うちの愛みたいに男嫌いなのかも~(笑)
男性に抱かれたのは夫が初めて...
キジトラはかわいいです。好きです。
先日の嵐で飛ばされたと思った猫はキジトラの白足袋。
ああ、ピンクの肉球が触りたい...

大工センター、移転してしまったのですか!
あの、橋の近くでしたよね?
わたしも車がなくなって、ホームセンターは行きにくくなりました...。
そろそろ、ハーブを植え替えないといけないから土を買いに行かなきゃ。
あ、サンワは稲城の向陽台にあります。
あの十字架はゴスとかハードとか言いますね。
ゴスはゴシックです。
4. Posted by 追夢人(ついむと)   2010年04月13日 02:18
acqua さま

こんばんは!
いつもコメントありがとうございます♪

「アリス」の国なら忍び込みたいです~(笑)
acqua さまんちのアメショの悠ちゃんですか、かわいいですねー♪
うちにもチェシャ猫にそっくりなのいますよ。
名前はカプ、チャコールグレーに黒の縞の雉猫です。
野良の子猫のなかで一番野生的で元気な子でした。
捕まえた時、ガブッと私の手におもいきり噛みついたので(笑)
私の手にはその時の傷が残っています。
ガブだと、生々しいし、聞こえがかわいくないので、カプになりました。
おいたばかりするので、コラーッ!カププー!とか、
おい!カプッー!とか、カプチーの!とか呼ばれています(爆)
今でも、一番元気で、カプだけが箪笥の天辺に飛び乗れます。
箪笥の上から、木の上のチェシャ猫そっくりなポーズをしています。
ちょっと違うのは、ちっともかわいくないところ。だって眼を三角にして私に眼を付けるんです。
野生が抜けず、唯一、私に懐かないどころか、未だに拉致した時のことを恨みに思っているんです。
そんな目をして私を見るなーーー! 私がどんな悪いことをしたというんだーーー!! 通じません。無駄です。
連れ合いにはよく懐いているくせに人を見る目のない猫です(苦笑)

下のコメントに続きます。
3. Posted by 追夢人(ついむと)   2010年04月13日 02:17
acqua さま

上のコメントの続きです。

>意識がなにかに置かれていると、
>潜在的に探すし目に付きますね。
>母は、大嫌いな虫を誰よりも早く見つけますし(って、シンクロとはほど遠い)。

acqua さまのお母様のたとえ話は分かりやすく、なるほどと考えさせられました。

考えましたことを上に独立した記事として掲載させていただきました。

下のコメントに続きます。
2. Posted by 追夢人(ついむと)   2010年04月13日 02:16
acqua さま

上のコメントの続きです。

実家の近くの大工センターが撤退して不便になりました。母から稲城市の方に似た大型店舗があると聞いていたのですけれど、川崎市の多摩区の方へ行ってしまって見つけられませんでした。今度、稲城の方にいってみるつもりです。サンワも捜してみますね(笑)

十字架に魅入られてます(笑)

アトリビュート(Attribu)は、キリスト教美術で聖人などの図像にかならず描きそえられる付属物(つきもの、持ち物、標章)のことですね。
聖ペトロ使徒 http://homepage3.nifty.com/st_peter/ptrs/index.html を読みました(笑)
引用すると【ペトロは、「あなたこそ、生ける神の子キリストです」といってイエスに最初に信仰告白をした弟子であり、イエスも、彼を高く信頼し、「わたしは、この岩(ペトロ)のうえにわたしの教会を建てよう。 わたしは、あなたに天国の鍵をさずけよう」といって福音宣教の全責任をゆだねられました。】とありました。

いろいろな符号のようにシンクロニシティのアイテム数が増えていくことに気が付きはじめているのですけれど…。整理もできず、どう解釈してよいやら、どんな意味をもっているのかもわからずに途方にくれています(爆)

お安いご用ですよ~♪
1. Posted by acqua   2010年04月12日 15:32
なんだか「アリス」の国に迷い込んだみたい~♪
わたしのblogにちょうど、宅のアメショをアップしたところ。
チェシャ猫にそっくりなぼってり猫です(笑)

意識がなにかに置かれていると、
潜在的に探すし目に付きますね。
母は、大嫌いな虫を誰よりも早く見つけますし(って、シンクロとはほど遠い)。

サンワって、稲城に大きなお店があったような。
十字架が親しまれるのはうれしいデス。
ちなみに鍵は聖ペトロのアトリビュートですよん。
(たきつけてどうする)


※ひとつお願いデス。
2009年1月19日の「お気に入りブログ」に紹介されているわたしのアイコン、
壷に変えてもらえますか?
って、ワガママな申し出ですけれど、
ここからご訪問くださる方がまだいらっしゃるので(^^)
お手すきのときにお願います~(_"_)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
すれちがいとシンクロニシティカオの形・貌展