茅ヶ崎の海岸藤原舞子展 Mystikosな庭

2010年10月07日

ロザリオの聖母

いつもコメントをお寄せくださる acqua さまのブログ
Hai dormito bene ? 
よく眠れましたか?」で
ご紹介されていたバルトロメ・エステバン・ムリーリョの
「ロザリオの聖母」の画像をいただきました!

10月7日は「ロザリオの聖母」の記念日なんですって♪

異端と闘う聖ドミニコ(1170~1221)が
聖母の啓示を受けたのが始まりだそうで、
記念日の制定は16世紀。19世紀になって
10月が「ロザリオの月」と定められたそうです。


La Virgen del Rosario (1650~1655)


La Virgen del Rosario
Bartolomé Esteban Perez Murillo (1617~1682)
油彩 カンヴァス  110×164cm (1650~1655)
プラド美術館



トラックバックURL

この記事へのコメント

3. Posted by 追夢人(ついむと)   2010年10月11日 02:02
acqua さま
 
こんばんは♪
コメントありがとうございます!
またメールで画像をお送りくださり、ありがとうございました。

もしかしたら、見たことはあったかもしれませんが、 acqua さまのブログでご紹介されるまで、このムリーリョの聖母子は認識してませんでした。それもロザリオを手にしている「ロザリオの聖母」だったのですね!
あんなにロザリオ見た!見た!とわたし独りで騒いでいたのに(爆)
やや強めの陰影が独特ですね。聖母と幼子イエスのまなざしもぱっちりしていて私の持っているムリーリョの甘いほや~っとした印象より、生身のリアル感が伝わってきます。

11月3日に巡礼できそうですか♪
それは嬉しいお知らせ、ありがとうございます!
初日は作家三人そろってお出迎えさせていただく予定でおります。
お車、お気をつけていらしてくださいね
2. Posted by acqua   2010年10月10日 02:30
忘れた....
「事件」がなければ、11月3日に巡礼できそうです。
宣教師と母を連れて行く予定です。
車も出してくれることになりました♪
1. Posted by acqua   2010年10月10日 02:20
いい感じの光と影ですね♪
このコントラストがムリーリョの作品の特徴ですって。
マリアさまとほっぺをくっつけた幼いイエスさまが愛らしい~

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
茅ヶ崎の海岸藤原舞子展 Mystikosな庭