2011年08月01日

Facebook(8月)

 Facebook は、アカウント登録して、友達リクエストをしていただかないと、門番 追夢人の近況をご覧いただけません。

 アカウント登録していない皆様の為にFacebookで追夢人が書いた投稿を全てという訳ではありませんが、このブログ記事のコメント欄にコピーいたします。

 恐らく脈絡も、とりとめもない内容になるかと思いますが、ご興味をもっていただける方は、下方のComments(数字)をクリックして、覗いてみてください。


   天使のいる回廊 天使巡礼天使堂 @Facebook 門番 追夢人


※参考までにFacebookのアカウント登録は、ユーザー名とパスワードと、住所、氏名など個人情報が必要です。

tenshijunreitenshido at 19:14│Comments(21)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote備忘録 | Facebook

トラックバックURL

この記事へのコメント

21. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月31日 21:15
絵を描ける方は沢山います。多すぎるという人もいますが、私はそうは思いません。探し歩いても共感できる絵に出会える確率はごく僅かです。全ての絵は描く人にしか描けない絵だと想っています。必ずどこかに共感する人、必要としてる人はいます。出会える機会が少ないだけなんです。
20. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月31日 21:15
絵画作品の説明にミクストメディアとつける作者がいるが、私には何の説明の役に立っていない。むしろ伝える気持の無い不誠実な誤魔化しで不愉快になる。
19. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月31日 21:14
ジークレープリントは版がないから版画ではないんだ!
ジークレー版画という業者には平然と形容矛盾させて悪意を感じる。
18. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月26日 02:31
 私の百合の記憶は、小学生の頃、近所の、はとこの家にオレンジ色に黒の斑点のあった大きな一本の鬼百合でした。それ以外、数年前まで私の意識に百合はほとんどのぼりませんでした。実家のある土地(地域)には百合はほとんど咲いていなかったのだと思います。見ていたとしても、お花屋さんの切り花の白百合かな。
 天使巡礼天使堂のブログを始めたのは2005年12月。キリスト教に詳しいブロガーさんからのコメントから受胎告知の場面を描いた絵画に登場する大天使ガブリエルは白百合を手にしていることを知りました。それからほんの少し百合に意識が向きはじめました。
 伊豆高原に天使巡礼天使堂を開館したのは2006年10月なので、窓際に大きな百合が一本あるのに気付いたのは翌年の夏だったと思います。白百合でした。お隣の別荘の庭には白百合が何本も咲いています。花つきは多くても3つくらいでみな清楚な印象でした。その美しさに魅せられて横浜の自宅に球根を持ち帰って植えたけれど、根付かなかったとお隣のご主人が仰ってました。伊豆高原に自生している百合だそうです。
 その夏、伊豆高原の駅まで散歩がてら急な別荘地の坂道を歩いて帰りました。別荘のお庭以外にも、道路脇やいたる所に自生してることに驚くと同時に、咲き誇る白百合の清らかさ、山百合の美しさ、その多さに感動しました。それは貴重な体験でした。
17. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月26日 02:31
 天使巡礼天使堂には不定期に行くので、花の時期を逸することがしばしばです。その次の年は白百合は終わってましたが、北庭の隅の木陰に一本、大人の男性ほどの背丈はあろうかという百合が、幾つも花を咲かせて、その重みで弓なりにしなってるのを見つけました。それは山百合でした。その時は、カサブランカを期待していたので山百合の花の斑点が妙に気になってしまいました。その翌年には、その近くにも数本、小さな株が伸び始めていました。
 天使巡礼天使堂には、前の土地の所有者が除草剤を撒いていたので、それ以外、百合はほとんどありませんでした。私は除草剤は身体に有害だと思うので使わないでいると、もう雑草の繁茂の威力ははんぱなく、背のある草しか抜けずにお手上げ状態でした。すると北庭の駐車スペースの脇に伸び始めた百合も何本かあって、それは抜かないように気を付けていましたら、昨年の夏から花を咲かせ、晩秋には種が沢山採れたので撒いておきました。タカサゴ百合という種類です。
 今年の7月の開館の時期に窓際のカサブランカがちょうど咲いていました。8月上旬の開館の時には北庭の山百合が咲いていました。タカサゴ百合も咲き始めていました。閉館してから久しぶりに百合を見たくて伊豆高原駅まで歩いて帰りましたが、もう花の盛りは過ぎていて、道路脇の花も萎れ、庭に花付きのみごとなカサブランカが咲いているお宅はほんの数軒だけでした。その時に道路脇に咲いていた山百合の花を撮った写真3枚をアルバムにアップしてあります。
16. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月25日 07:18
事故直後に各地で検出された“最恐”の放射性物質「ストロンチウム」と「プルトニウム」の農畜産物への汚染状況が、いまだに判然としない。政府が放置するアノ汚染物質!がん、白血病があなたを襲う-政治・社会-ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110806/dms1108061527010-n1.htm via @zakdesk
15. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月21日 18:22
放射能汚染は拡散させてはいけない。それなのに税金を使ってまで汚染を全土にばら撒いている。

via @ikaroshime
ガレキ撤去も現在、大手ゼネコン2社が争っているそうな。ゼネコンの下では地元民は良い仕事は得られない。免許を持ってても手元程度の仕事しかもらえない。誰が儲けるんだろ?政治屋とゼネコンに関わる連中だけさ。公的事業は通常の3倍の費用だからねぇ。税金の無駄遣いばかりしやがって。

via @giovannni78
放射能汚染物は全て福一近くに集めて丘に築き管理。これ以外の案は全て打算とごまかし。宮城岩手青森の津波瓦礫は仙台荒浜など1ケ所に遺品として集め巨大古墳のように整え、鎮魂と決意の記念碑に。経済的にも、汚染防止にも最良方法。遅れるほど費用無駄遣い。
14. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月21日 17:04
家族が外の木立を眺めていたら、今日もまた窓の数十センチくらいのすぐそばでこちら向きにホバリングしてくれる小鳥が来てくれました!
2度目です。今回、私は2階に居て会えなかったけど(笑)
13. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月19日 22:03
20110813 元米軍兵士4人の証言・・・在日米軍の核 - on Dailymotion
http://www.dailymotion.com/video/xklg27_20110813-yyyyy4yyyy-yyyyyy_news
12. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月19日 22:01
 プルト二ウムは核爆弾の起爆剤。日本が保有できる理由はプルサーマル原子炉。隠れ蓑を失う訳にいかないから絶対に止めない原子力マフィア。
 沖縄は米の核攻撃の極東基地。破綻寸前まで米をも食い物にした巨悪とは何ものか。恐らく日本の政治家も、官僚も、検察も黒幕の使い走りだと思います。
11. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月19日 16:24
暴力に支えられての法律。現代の暴力の極致が核兵器。
原子力マフィアに権力を乗っ取られた原発大国は無法国家も同然です。
10. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月19日 14:26
巨悪を批判する大物は、法を何も犯さなくても逮捕拘留され、最悪、罪状がでっちあげられる。
9. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月19日 14:19
法律は、善良な国民の一部の小悪を取締るためのもの。巨悪を罰することはない。
8. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月19日 13:58
法律は、殺人を罰するのみならず、正当化もするプログラム。
暴力装置を握る権力者の胸先三寸でどちらにも転ぶ。
7. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月18日 18:50
日本は何ものに支配されているのだ?
あるいは、コントロールを失って、ただ成行きまかせなのか?
6. Posted by 門番 追夢人   2011年08月18日 10:55
日本の原発は、中国の新幹線より劣る。
事故の原因究明もせず隠蔽し、嘘の安全を強弁して補償もしない。
5. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月18日 01:57
原子力発電は犯罪的である。
というのは、原発事故による放射能汚染を罰する法律が存在しないから、犯罪にならない。
ゆえに検挙もされなければ、取り締まりすらない。
原子力村の連中は国家ぐるみで税金や電気料金を貪り放題。
原子力村が、そうできるように仕組んだ無法地帯。
原発稼働は国民に対する無差別テロ以外の何ものでもない。
4. Posted by 追夢人(ついむと)   2011年08月15日 17:45
小学六年生の時に伯父にもらった登山バッジで、その存​在を知り、卒業アルバムの表紙にコマクサとピッケルと八​ヶ岳(バッジの形)を描きました。花の色を知らなかった​ので隣席の女の子に教えてもらった(笑)
 実物を見たのは、社会人になってから。それは上野の博​物館のドライフラワーになった標本でした。その頃、低山​のトレッキングを始めたけれど本格的な登山はしてなかっ​たので、見る機会はずっとありませんでした。
 草津の白根山の頂上付近で初めて見たのは、すでに30​歳前後になってからでした。それが最初で最後。それから​は見る機会はありませんでした。
 高山植物の女王!松本に信州大学のコマクサ寮があった​のにその大学出身の先輩は、登頂制覇にしか興味がなかっ​たようで、コマクサも知らなかったから、山に登って踏ま​ないように教えてあげた想い出もあります。

 初めて登山地図を見た時、いたる所にお花畑と記載され​ていて、いったい誰が植えたのかなと思っていました(笑​)お花畑は貴重な登山の醍醐味の一つです。積雪も融け​た梅雨明けの初夏の1週間くらいが天候が安定する時期で​す。晴れれば、高山植物の色とりどりの小さな花と緑が真​っ青な空と白雲のコントラストにもっとも美しく映えます​。

 白馬は登頂したことはないですが、初めて行ったのは2​0代後半の頃、大雪渓の登り口まででした。小型トラック大の岩と人​位の岩の間をすり抜け、その少し上の雪渓で記念写真を撮​っていたら、突然、その二つの岩が10mくらい雪渓を滑​り落ち、岩と岩の隙間がなくなりました。恐い体験でした​。
 大雪渓とは反対側に植物園がありますね。そこから少し​上に天狗の庭、もう少し上には白馬大池があって、そこま​では登ったことがあります。天狗の庭で茶色の夏毛になっ​たオコジョを見ました。白馬大池には小さなサンショウウ​オがたくさんいました(笑)
3. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月14日 23:59
原子力の平和利用は詭弁だった。日本の原子力発電、その目的はプ​ルト二ウム。大規模な犯罪組織があるに違いない。
2. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月12日 19:21
人の遺伝子DNAを喰いちぎる見えない不死身の寄生虫群

衛生観念の発達した日本人がゴキブリを忌み嫌うのは、バイ菌が付くからだろう。
人の遺伝子DNAを喰いちぎる見えない不死身の寄生虫群。それらが原発事故で放出された放射性核種の例えと考えれば、少しは身近に感じられるのだろうか?

福島第一原子力発電は、わざわざ地殻の深い所で大人しくしていた寄生虫の鉱石を掘り出して、精製し、事故で凶暴化させた揚げ句の果てに日本の国土や海、そして大気圏に膨大にばら撒き続けている。
汚染が、遠くの土地に、また海や大気に拡散していくということは、害毒が薄まって、安心と漠然と思ってはいないだろうか?

そういう訳では全然ない。誤解してはいけない。放射性核種が大量に大気中に放出され、しかもいまだに続いている以上、汚染は拡大して深刻化している。降雨や降雪により土壌や河川、海に循環し、生物の食物連鎖により致死量に濃縮されるのは時間の問題なのだから。

※下記コメントに続きます。
1. Posted by 門番 追夢人(8)   2011年08月12日 19:20
上記コメントの続きです。

プルトニウム、ウラン、ストロンチウム、セシウムなどの放射性核種、いわば純粋培養した猛毒細菌・凶暴な寄生虫を大量に大都市や農園にばら撒いたようなもの。しかもこれらには解毒剤も無い。死滅もさせられない。

いったん大気圏に放出されたこの寄生虫は、人の寿命、ライフサイクルの時間軸では半永久的に死滅しない。
寄生虫は体内に入れてはいけないが、身体に入り込んだ寄生虫の何割かは尿や便で排泄できたとしても、下水は汚染される。下水処理施設で汚泥として何千万トンも焼却しても、この寄生虫は灰のなかに生き延びる。

排煙にも潜んでいる。大気の二次汚染が始まる。降雨、降雪、霧のサイクルで土壌や河川や海も二次汚染される。
寄生虫が濃縮された農水産物を食べた人体はDNAを喰いちぎられ、細胞がやがて癌化して死に至る。

避難できずに汚染地域に留まるなら、速やかに放射性物質の除染と隔離作業をしなければならない。
例えば、汚染された汚泥焼却灰を隔離するのも広大な土地と隔離施設が必要で、経費(税金)と労働者の健康が犠牲になる。極めて非効率な方法ではあるが、寄生虫を見つけ出して、隔離して閉じ込め続けるしかない。

はじめからウラン鉱石に閉じこもっていた、そんなやっかいな寄生虫は不可侵のまま手をつけずにそっとして置くのが最も効率的だったことに気付く。
もうこれ以上寄生虫を産出させてはいけない。全ての原発を直ぐに止めなければならない。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字