2011年11月01日

Facebook(11月)

 Facebook は、アカウント登録して、友達リクエストをしていただかないと、門番 追夢人の近況をご覧いただけません。

 アカウント登録していない皆様の為にFacebookで追夢人が書いた投稿を全てという訳ではありませんが、このブログ記事のコメント欄にコピーいたします。

 恐らく脈絡も、とりとめもない内容になるかと思いますが、ご興味をもっていただける方は、下方のComments(数字)をクリックして、覗いてみてください。


   天使のいる回廊 天使巡礼天使堂 @Facebook 門番 追夢人


※参考までにFacebookのアカウント登録は、ユーザー名とパスワードと、住所、氏名など個人情報が必要です。

tenshijunreitenshido at 04:44│Comments(17)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote備忘録 | Facebook

トラックバックURL

この記事へのコメント

17. Posted by 追夢人 11/21   2011年11月21日 01:37
差別の固定化の上で稼働せざるをえない原子力発電

原発は差別の固定化で成立してる。 日常的被曝を強いられる現場作業員、電力を享受する国民、暴利を​貪る原発マフィア。 原発マフィアは東電の経営陣、株主に限らない。政治屋、大手メデ​ィア、広告代理店、官僚、司法、警察、学者、災害保険、金融等を​巻込む国策がらみの利権集団。更にそれを超えた死の商人が世界の​大国をも牛耳ってる。
16. Posted by 追夢人 11/16   2011年11月16日 18:38
記念写真のポーズ

 中学生の頃、写真に写る時、笑わない同級生の親友がいた。私が撮影してあげた時、「何、むすっとしてるの?もっと楽しい顔したら。」と言ったら、「そんな馬鹿ずら嫌いだから」と言われた。変わり者めと内心、腹を立てたけれど、それ以来、少なくとも私はその当時から流行っていたVサインをして写ることはしなくなった。

 誰もそれが当たり前と思っている些細な習慣さえ快く思わない人の存在を知ったから。

 記念写真は、かって個人的な、あるいは小さな集団の狭い身内だけの世界だった。職場でのインフォーマルな記念写真に写る時、集合写真でも必ず横向きでやや上を見上げ身体を硬直させて、受け狙いのポーズをする30歳過ぎの後輩がいた。やはりその心境は理解できなかったけれど、そういう人の存在もあってよいとは思っている。

 しかし、Facebook で記念の集合写真をアップされると、場合により、これ見よという感じがして嫌気がさす写真も多い。
15. Posted by 追夢人 11/16   2011年11月16日 18:37
余計な話ですけど、あまり好きではないから気になるので書いてし​まうけれど、Facebook や twitter のプロフィールの顔写真に掌や握拳に顎を載せてるのとか、物を食​べてるのを使用するのは、どういう心境なのでしょう?
14. Posted by 追夢人 11/14   2011年11月14日 20:48
「絵も需要と供給で計られても意味がないです。…マイノリ​ティな話に一般数式を用いるのは無意味ですよね。」
 そうですね。
 百歩譲って比較の話をすれば、統計では比率で比較を多用​しますが、数万以上の母集団から無作為抽出したサンプル​数が少なくても千以上は必要だったりします。少ない場合​は誤差も大きく意味をなしません。大雑把な傾向を見るに​は500程度でもよいかもしれませんが、統計的に抽出し​たサンプルでなければ代表性もありませんし、その中での​2グループの特性を比較する意味もありません。

 まして、例えば、東日本大震災の被災者支援のため、日本​のアーティストが呼びかけ、ニューヨークで行われた現代​美術作家の21作品のオークションの落札金額約6億8千​万円と東京美術倶楽部のチャリティーオークション400​人の1億5千万円の出来高を単純に比較しても意味がない​。そもそも総額の比較だけを取上げる意図もわからない。​印象操作にしかならないと思う。
 マイノリティにはむしろ個別のケーススタディの詳細な内​容分析が重要なのに。
13. Posted by 追夢人 11/14   2011年11月14日 20:46
「実は情報を吸い上げられてるのだと思っています。」
仰る通りだと思います。
私は他のお友達に比べて「いいね!」を気軽にクリックし​ています。他の方々もFacebookに親しみ慣れた頃​、アンケート形式アプリが流れるようになったのではあり​ませんか?その使い道はまだアンケートにもならなず、ほ​とんど遊びの域を出ませんが、その形式に慣れて答える精​神的抵抗感はなくなっていることでしょう。昨日から、F​acebookのPC画面右上にスポンサーの商用の調査​アンケートの選択肢の入力ボタンが表示されるようになっ​るのに気付きました。
利用者の利用時間、時間帯、頻度など利用状況を管理・分​析し、タイミング良く他の広告などの位置に紛れさせて、​気軽に答えてもらおうと高度に洗練された戦略でアンケー​トの回答を導こうとしているような気がします。
12. Posted by 追夢人 11/14   2011年11月14日 14:50

森 寛子様の加藤美紀様の作品についてコメントへの返信


森 寛子様の門番 追夢人へのコメント
加藤美紀様の作品について「現代童画展で拝見しました。洗練された美しさが、たくさんの作品の中で際立っていました。」

門番追夢人の森 寛子様への返信が長くなってしまったので、ノートに書きました。

森寛子様へ

上京されたのですね。何日にいらしたのですか?
私は前日の予定が雨のため見送り、11/12(土)の16時頃から締まるまでいました。

天使巡礼天使堂の所蔵作品「天文クラブ」の作者の永見由子様が現代童画展の当番をするとツイートで知っていたので、受付で初にお目にかかれました。永見由子様の作品「楽園の密」は最初の部屋に一番で展示されていましたね。

ちなみにその同じ部屋の隣の壁には森様のお好きなピエールドゥロンサールに花どられた水彩画がありましたね。2003年の第29回現代童画展に初出展して新人賞を受賞された画家 中井結美様の作品「猫と少女人形」でした。
11. Posted by 追夢人 11/14   2011年11月14日 14:48
※ 森寛子様への返信の続きです。

その日は他に偶然にも知人の画家さん四人に出逢えました。

2008年第25回 伊東市制60周年記念 全国絵画公募展 IZUBIの授賞式の帰りに天使巡礼天使堂にも立ち寄ってくださった伊藤和子様をお見かけしましたが、お連れの人と熱心にお話されていたのでご挨拶は遠慮しました。

森様の天使巡礼天使堂での2日間の作品展に合せて、この現代童画展の招待状をお送りくださったはやしすみこ様の作品「むすばれた絆」は一階の奥の部屋に『会員推挙』として展示されていました。その作品をご覧になりながらお連れと立ち話をしてた年配の人の話からご本人もいらしていると偶然小耳にはさんだので捜しました。

加藤美紀様の作品「白木蓮」は二階の奥の中央に飾られていましたね。『現代童画会賞』を受賞されていらしたので感激しました。「現代童画大賞特別展」の別館の入り口で偶然、加藤美紀様にもお逢いできたのでお祝いの挨拶ができました。その日は授賞式でもあったのです。

十月下旬の個展で阿佐ヶ谷にお伺いして、2008年5月井の頭公園駅前「宵待草」の個展以来三年半振りに再会したばかりで、その時、改めてプロフィールを拝見し、2010年第36回現代童画展で新人賞を受賞されていたのを知ったばかりでもありました。

最初の部屋に戻って二周めの時、ちょうど永見様が受付を終えたところでしたので少しお話ができました。私のシンクロニシティの話をお読みくださっていたようで、その時の猫の鉛筆画の作家さんの、同じ部屋にあった水彩画を紹介してくださいました。
10. Posted by 追夢人 11/14   2011年11月14日 14:45
※森寛子様への返信の続きです。

それから二階で、ようやく、はやしすみこ様にお会いでき、招待状をくださったお礼もいうことができたので、帰ろうとしましたが、なぜかもう一回、一階の最初の部屋が気になり吸い寄せられるように戻ったら、11月の上旬に西荻窪の三日間の個展の最終日にお伺いして初めてお会いした鉛筆画家こまつたかし様が作品をご覧になられている後ろ姿がありました。

お声をかけると、私より少し後から来られたこまつ様は受付で永見様から私が来ていることを知らされ捜してくれたそうで、一回りしたところということでした。こころにとまった作品と作家を出品者一覧にチェックされるほど熱心にご覧になられていました。二階の加藤美紀様の作品の前に二人で戻り、再度、ご覧になってチェックしてあったと仰っていました。



帰路、こまつ様と途中まで電車でご一緒して、乗車中ずっとお話をしました。偶然の再会からシンクロニシティにも話が及び、車内でクロスをかけた人が不思議にも私の眼前に立つか、十中ハ九、隣か前の座席に座る話をしていたら、目黒駅直前で銀の十字架をした女性が車内を歩いてきて私の目の前に立ちしばらく吊革につかまっていました。こまつ様に小声で教えました。停車した時、その女性は下車するのかと思きや進行方向の車両へ連結から移っていきました。

こまつ様もさぞ驚かれたことと想いますが、共有体験をされた生き証人ですと冗談を言っていた頃、恵比寿駅を過ぎました。私は渋谷でお先に独りで下車しましたが、下車するまでに今度はロザリオが車内で視界に入ったらカウントしてくださいとこまつ様にお願いしておきました(笑)。私は乗り換えの改札前で銀のロザリオ、入ったらすぐにクロスとすれ違いましたけれど、すれ違いはカウントしないようにも告げました。でも、こまつ様は規則は自分で変えるかもと仰っていたのが印象的でした。
9. Posted by 追夢人 11/14   2011年11月14日 09:41
…と、たまに毒づいてみる。とはいっても、嫌味な当て付けにすぎない。

つまらない楽しみもたまにはよいが、それをわざわざ、Facebookにアップまでする人が多すぎる。タイプ判定アプリ?で、バリエーションの少ない内容と大きなイラスト画像で画面を占領されては、ニュースフィードが汚れてゲンナリする。つまらないことはさんざんみんなやり尽くしてるでしょうに。いいかげんにしてください。こういう人たちは、詐欺に引っ掛かりやすいのではないかと思います。

ところで、もし特に興味も関心もないけれど、なくもないし、忙しくもないといった感じの時、期限のせまる招待券をもらったとしよう。何の?仮定の話なので内容は問わないとしよう。大好きなのなら大喜び。でも行くには、遠かったり、一緒に行くお友達も見つからなかったり、お出かけ着に少しは気を使わなければならなかったりとおっくうになるなど様々…。

さて、あなたは行きますか?人にあげて行きませんか?これが千円にも満たない招待券なら?では、一万円以上したら観に行きますか?

内容に関心が低い場合、金額を目安とするのは普通というか、あたりまえになり過ぎている。

逆にいえば、中身より金額に影響を受けやすいということでもあると思う。

話題にすべき内容を切り捨てて。何に関心があるのでしょうかね。

絵画の場合もそう。

現代絵画について、日本と海外の売上高と点数の比較だけで話題にとりあげるとか。
8. Posted by 追夢人 11/11   2011年11月11日 17:36
文字制限のないtwitterだと思えばよいよ。画像も​載せられるし、アドレスをコピペするだけでアップしてく​れるし。シェアはRTと同じだし。ただ、いろんなメニュ​ーがあってイアウトが複雑で、覚えるまで最初はわかりに​くいけれど。

PCなら画面の上、右の方に自分のユーザーネームがある​でしょ。そこをクリックするとウォール(壁)画面になっ​て、自分の投稿したのとシェアした記事だけが表示されま​す。twitterでプロフィールをクリックした時と同​じ感じ。

PCなら画面の上、右の方の「ホーム」をクリックすると​ニュースフィード画面といのになって、自分の投稿したの​とシェアした記事だけでなく、お友達の近況なども一緒に​たくさん表示されます。twitterでは、ホームを押​してタイムラインを表示させたのと同じです。

フェースブックには画面の左側にいろいろメニューがある​よ。例えば、それを選べば、メッセージ(メール機能)や​「ノート」(後で訂正・編集もできる長文向き)とか。
7. Posted by 追夢人 11/11   2011年11月11日 17:36
フェースブックはメッセージが来るとPC画面なら左上​のメールアイコンに赤い数字で通数が表示されたり、左下​からポップアップで、来たことをテキスト表示してくれま​すから、気が付きます。

ツイッターは、以前はメッセージにもカウント表示があ​ったから判ったけれど、現在は表示しないので、メッセー​ジ画面を開いてはじめてわかるから、チェックする習慣が​ないと気付かないままになる恐れがありますね。


ちなみにPCならフェースブックのホーム画面の左に「友​達リスト」のメニューがあります。友達が大勢になったら​、ホルダを増やすみたいにリストを作って整理できます。​複数のリストに幾つでも入れられます。

他にも利用してたりするブログなどにも各々メール機能が​付いてたりしますね。何でもそうですけど、数ヵ月、休眠​してる方にコメントやメールをいただいても気づかなかっ​たりします(汗

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)な​どネット状況も時代の趨勢と同じく、今後は新旧の入れ替​わりが激しいので、これからもっとそういうことが起りや​すくなると思います。私も気をつけないと(汗
6. Posted by 追夢人 11/11   2011年11月11日 17:27
助言表示とは、PC利用で、主にプロフィールのウォール​画面で、例えば、
【Aさんの写真にコメントしました。「シェアしました♪​」
門番 追夢人さんがBさん、Cさんと友達になりました。
Dさんのリンクにコメントしました。「…」 】
などです。

友達リストからホーム画面を表示させると、
【EさんとFさんが***について「いいね!」と言って​います。
GさんがHさん、他10人と友達になりました。】
などのことのつもりでした。


 このノートでは触れませんでしたが、友達Xさんの近況x​は私のニュースフィードに表示されるけれど、Xさんのア​ルバム写真にコメントした友達YさんへコメントしたXさ​んのコメントyは表示されないけれど、Xさんのウォール​に行くと表示されているから見れるとか。友達相手のセキ​ュリティ範囲の設定で自分のニュースフィードには表示さ​れないから、一瞬、何で―!と思ってしまったり。複雑で​説明も判り難いと思います。


 誰と誰がお友達になったとかの助言表示は、最初、私にと​って余計なお世話と思ったり、自分の友達の少なさへのプ​レッシャーかい?とか、印象を持ったけれど、今ではお友​達も増え、各々の嗜好性というか、趣味もわかってくるの​で、気の合いそうなお友達を探すのに役に立っています。

 私は基本的にメッセージ無しでリクエストしています。投​稿内容から判断して承認いただければと想っています。承​認していただけなくても、それはご縁がなかったものと諦​めます。
 コメントは付けた方が社会的な礼儀としてはよいのです​けれど、相手に対しても返事(コメント入力のお手間)を​期待することにもなりますから(←半分、言い訳ですが、​私は文面による挨拶とか苦手なのです。)
5. Posted by 追夢人 11/11   2011年11月11日 17:22
フェースブックのシステムは、良いんだか悪いんだか

フェースブックのシステムは、良いんだか悪いんだか、投稿した近況などの表示順や省略の仕方やレイアウトなどが、開発者の設計思想でコロコロ変更されるところ。

そのランダム性はブラックボックスなので利用者側で制御できないし、予測できないし、覚えられない。普通の利用者には違和感を与える。

 わかり易くいうと、フェースブックを利用していて、近況や画像の他にも、システム側からの助言表示?とか、どんな感じで表示されるのかなんとなく覚えられて、予想した通りの表示になっていたのが、後日になって、表示の仕方が省略され隠されたりして変更される。消えてしまったのか?と驚く。その変則性まで経験的には覚えられない。はっきり言ってわからない。

 お友達が多くなると、近況や画像の他にも、システム側から、親切なのかお節介なのか、誰が「いいね!」といっているとか、誰と誰がお友達どうしになったとか、助言表示みたいなので、ニュースフィードには溢れかえってくる。その情報量の多さ、お祭り騒ぎの様な煩わしさをシステムがある程度、表示から勝手に隠してくれるのは、しょっちゅう見ては新しい投稿をチェックする者にとっては有難いともいえる。

 しかし、その一見、訳のわからなさは、それにつまづいた初心者とか、週に一回程度とか、たまにしか利用しない者にとっては、ユーザー登録しただけで、ほとんど利用しなくなっていく原因の一つになっているのではないかと思う。
4. Posted by 追夢人   2011年11月07日 12:26
生の人物をモデルに描くメリット.

 生の人物をモデルに実際に描ける環境にある恵まれた人は少数だろう。多くの人には無理といえる。それより静物か風景を描くようになるか、よくて石膏像というところ。

 それに比べて、撮影したモデルの写真から、人物の模写ばかりしていると、エネルギーを消耗するだけで、労多くして功少なしというより、変な癖もつきそうな気がする。それが職業なら話は別だけれど。

 推測だが、生の人物をモデルに実際に描くメリットは計り知れないと想う。

 深い意味で書く気は更々ないが、例えば、自然光の斜光のもとなら、実際のモデルの凹凸に陰影がでて判りやすい。

 デッサンみたいに様々な視点の角度から間近で描いて練習できれば、生の立体的な人体の全体のみならず、部分部分の構造も多角的にイメージを脳裡に焼きつけることができる。その場の臨場感とともに印象を能に記憶させやすいだけでなく、手(の筋肉)にも覚えさせられる。

 描き手の体に覚え込ませるということ。それは同時に身体の立体感の記憶もイメージとして能裏で想い出して再生させやすくなるということでもある。

 素人が推測で簡単に書いてしまうが、その鍛錬が人物画の創作を描く時にも、テクニックとしてアウトプットされ生きてくるのだと想う。
3. Posted by 追夢人   2011年11月07日 10:18
世界観を描かれた絵が観たい!

 あえて高目線な物言いをするけれど、アマチュアは、どう描くかに止まっていて、何を描くか、描きたいものを模索している段階。その先は、描きたい世界(観)が(無意識にしろ)できあがってきて、その人にとってそれを表現するに最も相応しい表現技法を見つけられ(見出し)、それなりのテクニックや技量も向上し、経験も生かしきれているか、ということ。

 ある技法のテクニックや技量も天才的に凄いのに描きたい世界をもっていないのは論外だけど、それに相応しい職があれば、職人に徹して質の高い商品を世のために製造して欲しいと想う。

 描きたい世界(観)があれば、それを共有したい人達は何処かにいる。

 誰にでもある抑圧された、倫理的に否定されたような、少数派のマイナーな価値(世界)観をこだわりをもって大切にしているのであれば、それもよいと想う。むしろ私はその方が好みだし、それに相応しい表現技法とマッチングしていれば、きっといいものはできてくると信じている。

 ただ残念だったりするのは、万人に受け入れられそうなメジャーな世界観を志向し、それなりのテクニックや技量も経験もあるにもかかわらず、それを表現するに最も相応しい技法とミスマッチして、持っていたテクニックや技量を衰退させる結果になりそうなこと。
2. Posted by 追夢人   2011年11月07日 08:57
こういったモデル撮影では、特に室内では、フラッシュと​反射板などを使って様々な角度から乱反射させたりして、​ライティングするので、写真には影が出にくいと思います​。昔のフィルム写真だとしたら、ラチチュード(像を再現​できる露光の範囲、露光寛容度)の幅が肉眼より狭いし、​プリントの明暗の再現性も明は真白に飛んでしまったり、​暗部は真黒に潰れたりしてます。それにカラ―プリントや​オフセット印刷物など、編集の段階でかなり修正されてる​のではないでしょうか。モノクロ写真ならともかく、マチ​エールのある油彩画でもなく、カラ―写真の平面から模写​するのは、そうとう難しいというか、最初から限界がある​でしょうね。自然光の斜光のもとで、じっとした立体の実​際のモデルの人の影を間近かにみながら、描き手の好みの​アングル(角度、視点)から描いたのとでは、雲泥の差が​あると思います。
1. Posted by 追夢人   2011年11月06日 22:52
スーパーリアリズム?とかいうの? それが何なの?

絵画制作している人に対しては敬意をもっているが、作品を制作する人としない人には大きな開きがある。

写実作品の完成度、その定義にもよるが、高くなればなるほど、テクニックの技量を極めれば極めるほど機械で制作したモノ、例えば、写真に似てくる。

まあ早い話、肉筆(手書き)で、技量に偏ると、その高度な技量と制作者のその力の凄さは伝わってくるが、作品としてそれだけならば、写真に劣る。

写真でも作品となれば、写真家はただ被写体を写してるだけではない。何を被写体に選び、物理的に絵画より許容範囲の狭い制約の中で表現テクニックを労して、いかに写真家の世界観を実在する被写体に投影するかにかかっているのだから。



画家が、カメラの代わりに、例えば、鉛筆でイメージを描いて、写真のようでいて、それを超える作品を目指すなら、その意味はその人にとっては重要なウエイトを占めていることだろう。

しかし、他人にとってはどうでもよいこと。

他人に観てもらいたいなら、絵を描かない人が観て写真の様で凄いという程度を超えて、更には写真作品までも超えて、写真家をも唸らせるほどの作品を描いて欲しいものだ。

それに写真から肉筆で描き写したスーパーリアリズムの作品って、あったら観てみたい気もするけれど、あまり興味がないのが残念だ。

テクニックや技量が高ければ高いほど結構なことではあるが、否応なく他人に興味を持たせられるのは、制作者が持っている個性的な世界観であって、テクニックや技量が優先するのではないと思っている。

まあ、でもマニアックに優先させたいなら、それもよいとは思うので、好きに描いてください。

結局、作品が全てを物語るだろうから。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字