CONDENSED VANILLA ☨ヴァニラ・セレクション2011☨追夢人と画家M様に纏わるシンクロニシティ

2011年11月06日

 少年第四段 (鉛筆画と猫と少年のシンクロニシティ)

 少年第四段 (鉛筆画と猫と少年のシンクロニシティ)

 意味ある偶然の一致の意味は置いておいて、偶然の一致、共時性ということで、シンクロニシティを語る時、現象の内容の他に時間が大きな鍵となる。分や秒単位まで一致する場合もあるが、追夢人のシンクロニシティはそんな刹那な話でなく、もっと長いスパンに渡って複合連鎖で絡み合い、後日、幾つか想い起すと皆が繋がってくるという不思議な現象だ。
 過去の現象を幾つか拾うところにこじ付けの恣意が働いているといわれるかも知れないが、多々ある現象から、ある関心事に心血を注ぐ過程で、そこにある共通の関連性に気付いて話題に挙げるに過ぎない。
 気付くか、気付かないかは、その対象に意識が覚醒されたか、眠ったままか、ということ。



鉛筆画 こまつたかし 2011年7月

Copyright(C) 2011 Takashi Komatsu
鉛筆画 7H~HB イラスト・ボード(カラーパウダーボード) こまつたかし 2011/7制作
伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼天使堂】 所蔵作品 2階展示室「ヲ伽の子ども部屋」にて常設展示するー♪


  2011年十一月五日(土)のお昼前、twitterを見ていた。
 前日、四日のツイートだったけど、barajuzidanさんのツイート【Zaroffサイト更新】『幻の猫展』2012/2/16(木)~2/28(火)(
http://bit.ly/pbKIqP )を idealislandさんが公式リツイートしていたから、私もRTした。リンク先の画廊のスケジュールの参加メンバーを見て驚いた。私のここ数日間のシンクロニシティの連鎖の話をお読みいただいた方にはその驚きを共感していただけると想う。

 もうお一人、同姓の、chie0611さんのツイートを見たら、第2回啓祐堂写真グループ展のお知らせ(
http://00350535.at.webry.info/201111/article_1.html )とこまつたかし氏の鉛筆画の展示( http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1188078/1208538/73807558 )を勧めていた。両方とも観にいく機会を窺っていたが、こまつたかし氏のは忘れかけていたので助かった。

 展示場所の最寄駅はJR品川駅と西荻窪駅。最後は京王線で調布にも寄る用事があったし、支度に手間取って出るのが遅くなってしまったから、西荻方面に絞ることにした。こまつたかし氏の鉛筆画は一度も実物を拝見したことがなかったから。

 お迎えした鉛筆画が上の画像で、ぬいぐるみのくまを抱いてる少年の画像。
 もう一つ、展示会場で看板代わりに出迎えてくれていた絵ハガキの絵の画像を下にご紹介します。

「jarashite」 鉛筆画
 Copyright(C) 2011 Takashi Komatsu
 「jarashite」 こまつたかし 鉛筆画 7H~HB イラスト・ボード(カラーパウダーボード)


 まだまだ、関連したシンクロはあるけれど、今日はここまで。ひとつだけおまけ話をすれば、最後に寄った調布に着いて直ぐ見たNHKテレビに小松の親分さんと前川清さんがお芝居で共演してた(笑)



【追記】 想い出しました! ギャラリーiとギャラリーSTAGE-1で同時開催だったグループ展「Magical Symphony」の最終日、STAGE-1でテディベアの載った【森のおくりもの】展の案内はがきをたまたま見つけたので、STAGE-1を観終えてから、近くのバートックギャラリーに寄った。

 会場に入るなり、可愛くて思わずテディベアを手に取った。奥にもちっちゃいのもあってお腹をつまんだりした(笑)テディベア作家さんご本人もいらして、ベアのお腹に柔らかい綿を入れて手に優しい感触が伝わるよう配慮して作っていると教えてくれた。
 その奥の壁にはアクセサリーのガラスビーズのネックレスが掛けられていた。ビーズの名前は忘れたけれど、ちっちゃなベアと同じ柘榴色をしていた。そのアクセサリー作家さんはいらっしゃらなかった。
 帰ろうとしたら、テディベア作家さんがお茶を出してくれたので少しお話したんだ。

 話を西荻窪に戻すと、こまつ氏の鉛筆展を観終え、出してくださったお菓子とコーヒーも頂いて失礼した時にちょうど携帯が鳴た。待ち合わせていた友人の画家M様だった。吉祥寺のジャンクショップ HONGSANGで会ったら、自分で編んだ丸いガーネットのネックレスにエクソシストのメダイを付けて頚にかけていた。
 因みにHONGSANGには新しいスタッフ?のH様がいらして、モノを通じて人と人の縁をつくる調布一樹会のチラシをもらった。 
 その日は画家M様と待ち合わせたけれど、それより以前にHONSANGのH様に電話してから行った三回が三回とも偶然にそこでM様にもお逢いしたので、今度、来る時は連絡してちょうだいとM様に釘を刺されていた(笑)

 そもそもロザリオやクロスのシンクロニシティは、このM様が出品した横浜の馬車道で開催したギャラリー銀座一丁目開廊10周年展覧会「アート百葉」を見にいった日から始まった。
http://tenshi-junrei-tenshidou.dreamlog.jp/archives/2971949.html

 それに HONGSANGを見つけたのは、イラストレーター、高田美苗様の銅版画の蔵書票「ウルビーの天使」を吉祥寺のギャラリーに見に行った時、その後、1か月以上に渡り、ギャラリーの前の仲道商店街の通りに集中して、螺旋のようにシンクロニシティは連続展開したのでした。 
http://tenshi-junrei-tenshidou.dreamlog.jp/archives/2799794.html



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
CONDENSED VANILLA ☨ヴァニラ・セレクション2011☨追夢人と画家M様に纏わるシンクロニシティ