少年第四段 (鉛筆画と猫と少年のシンクロニシティ) Arunde lin Wonderland -Chapter4- 雑貨屋 Arundel アリスイベント

2011年11月07日

追夢人と画家M様に纏わるシンクロニシティ

 自宅のある最寄駅からJR西荻窪駅に行くので、経路の検索サイトで乗換を調べた。

 大まかには三通り、経由する駅が八王子か、新宿か、渋谷。三つとも所要時間に大きな差はないが、乗換が一回の八王子駅経由の運賃が一番高くて時間がかかる。渋谷経由が乗りなれた路線で早くて安かったけど、乗継が悪いと待ち時間でロスタイムがでるし、兎に角、老体には階段の乗換が面倒だった。 

 一番の目的地、西荻窪には遅くとも16時半には到着しないといけなかった。

 中野駅にも、新宿駅にも、品川駅にも、初台駅にも寄道したいし、第二の目的地、調布には行かねばならない。

 多少、迷ったけれど、新宿と品川に寄るのは半ば諦めて、新宿経由で西荻窪に行くことにした。その後、中野に戻って新宿・初台経由か、吉祥寺経由で最後は調布に立ち寄る予定をたてた。それでも途中で、どう変更するかわからなかったけれど。 

 実は、自宅からの最寄り駅は二駅ある。八王子、渋谷方面なら最寄駅まで歩いて行ける距離だが、新宿方面へのもう一つの最寄り駅はバスに乗る必要があった。

 出掛けの準備に手間取って、家を出たのが遅くなっていた。バス停で時刻表を見たら、待ち時間はそんなでもなかったからバスを待ったけれど、なかなか来ない。こんなことなら八王子経由の方が早かったかもしれないと思ってそちらの最寄り駅に歩いていこうと思ったが、決断するのがちょっと遅すぎた。

 しばらくして来たバスに乗車したが、今度は渋滞して遅々として進まなかった。やはり、経路の選択を誤ったと少し後悔した。家を出遅れていたから、それを加えて三十分以上はロスした。

 最寄駅から乗車した電車は一番早い急行ではなかった。何かとても遅く感じた。それで新宿の寄り道もやめて西荻に向かうことにした。 

 中央線のホームはちょっと遠いので、手前の総武線のホームの階段を登り切ったちょっと先、できるだけ人数の少ない辺りを見つけて黄色の電車を待つことにした。すると南口方面から、黒いロザリオを首にかけて黒い帽子の若い男性がホームを歩いてきて階段に近い列に並んだ。
 いつもはそんなことはしないけれど、同じ総武線だったので、乗る時に私もその列の後に続いたのにその男性は車内を歩いて、連結を通って進行方向の隣の車両に移って消えてしまった。よりによって、ロザリオを見たくて近づこうとしたのに見放されたーーー(涙。 

 新宿で寄り道しなかった分、時間にゆとりができたから、西荻の手前の中野駅に下車することにした。その時、西荻、吉祥寺経由で最後に調布というコースが確定したので、15時過ぎに画家のM様にメールしておいた。今度、吉祥寺に行く時は連絡する約束をしていたから。 

 中野ゼロで「Hana「絵本の世界展」」を観た。

 その日、出掛ける直前にタイミング良く、親しい友達がFacebookでその個展を観にいったことをアップしたのを気付いた。その友達と初対面の時にその画家さんの絵の画像を見せてもらっていたご縁もあるし、同じ方面なので立ち寄る予定に加えた。 

 その個展を観終わってJR中野駅に戻った。
 八王子方面の総武線の発車時刻の電光掲示板を見たら発車間際だった。ホームに駆け上がったけれど、電車の姿はなかった。東西線のホームと間違えていた。遠い隣のホームに総武線の黄色い電車が止まっていたので、慌てて駆け下りて走ってみたけれど結局、間に合わなかった。次の電車は十五分後だった。 

 時間のロスをしたくないので、また下の通路に降りたら、中央線の三鷹止まりの快速が五分くらいで来るのでほっとした。それに乗車して、今度は降り忘れないように意識を保っていたのはよいが、肝心の西荻窪駅は停車しないで通過してしまった。吉祥寺駅で下車して、仕方ないから、またできるだけ早い電車、それは東西線直通の水色ので西荻窪駅に向かった。 

 いつもこんなことをしている訳ではない。中野駅は詳しくなかったし、中央線の快速で西荻窪駅に来たのはもう四、五年振りだったから。 

 さて、それでこんなつまらない話を長々と書いたのかというと、天使のいる回廊 天使巡礼天使堂 @伊豆高原のブログ記事、2010年03月31日「シンクロニシティの記録 横浜・後編」を改めて読んで、同じような経験をしていたのを思い出したから。
http://tenshi-junrei-tenshidou.dreamlog.jp/archives/2971949.html



【追記】

 話を西荻窪に戻すと、こまつたかし氏の鉛筆展を観終え、出してくださったお菓子とコーヒーも頂いて失礼した時にちょうど携帯が鳴た。待ち合わせていた友人の画家M様だった。

 吉祥寺のジャンクショップ HONGSANGで会ったら、自分で編んだ丸いガーネットのネックレスにエクソシストのメダイを付けて頚にかけていた。
 因みにHONGSANGには新しいスタッフ?のH様がいらして、モノを通じて人と人の縁をつくる調布一樹会のチラシをもらった。
 
 その日は画家M様と待ち合わせたけれど、それより以前にHONSANGのH様に電話してから行った三回が三回とも偶然にそこでM様にもお逢いしたので、今度、来る時は連絡してちょうだいとM様に釘を刺されていた(笑)

 そもそもロザリオやクロスのシンクロニシティは、このM様が出品した横浜の馬車道で開催したギャラリー銀座一丁目開廊10周年展覧会「アート百葉」を見にいった日から始まった。
http://tenshi-junrei-tenshidou.dreamlog.jp/archives/2971949.html

 それに HONGSANGを見つけたのは、イラストレーター、高田美苗様の銅版画の蔵書票「ウルビーの天使」を吉祥寺のギャラリーに見に行った時、その後、1か月以上に渡り、ギャラリーの前の仲道商店街の通りに集中して、螺旋のようにシンクロニシティは連続展開したのでした。 
http://tenshi-junrei-tenshidou.dreamlog.jp/archives/2799794.html

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
 少年第四段 (鉛筆画と猫と少年のシンクロニシティ) Arunde lin Wonderland -Chapter4- 雑貨屋 Arundel アリスイベント