2011年12月05日

版画家でもない版画の量産

 ある程度、名の知れた、あるいは知れ渡った絵描きさんが​、版画家でもないのに、リトグラフなどの版画を売り出す​のは、知名度を背景に売り絵の量産体制に入ったというこ​と。

 景気のよかった頃は、肉筆画は知名度が上がるにつれて高​価になっても売れていたが、不景気になれば売れ止まる。​消費者の手の届きやすい価格にするために小品にして数多​く描き続けた。でも、もう歳もとったし、そんなの描く動​機も根気も続かない。

 愛好家の需要と言うより画商の要求だろう。そういう版画​は、画家の知名度を利用した画商の儲けを当て込んだ割高な売り​絵同然。そんなのに知名度だけで手を出す人は、作者の肉​筆画も見たこともなく、版画家の版画も知らない素人くら​いだろう。小金持ちの素人は御用心!



tenshijunreitenshido at 12:44│Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote天使堂 門番日誌 | Facebook

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 追夢人 12/5 twitter   2011年12月05日 16:54
門番 追夢人(ついむと)
版画家でもない名の知れた絵描きがリトグラフなどの版画を売り出す​のは知名度を背景に売り絵の量産体制に入った証拠。愛好家の需要と言うより画商の要求だろう。そんなの​は知名度だけで画商の儲けを当て込む割高な売り​絵同然。手を出す人は肉​筆画も見たこともなく版画家の版画も知らない素人。

tubamekappando
@tsuimuto 力のある絵描きさんが初めて版画を制作するとき、力がある人ほどきちんと技術を持つ人に敬意を払い真剣に制作する。企画が画商でもその思惑を遥かに超えて作品が出来上がることもあります。経費など度外視です。全てではないけどそういうこともあります。

門番 追夢人(ついむと)
@tubamekappando 誰かお薦めは?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字