2012年01月21日

万人の好みの違い

万人に愛されるものは案外、平凡なものである。
好みが違えば、他人の好みほど、興味も関心も湧かぬものはない​。
普通、口にはしないが、最悪、陰で貶されるのがおちである。
そのことは知っておいた方がよい。絵画については特にそう思う。

tenshijunreitenshido at 00:44│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote備忘録 | 現代日本アーチスト

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字