2014年04月14日

白いトカゲのしっぽの物語

お前は白いしっぽ

お前は白いしっぽ

お前は白いトカゲのしっぽ

そうだお前は白トカゲのしっぽ

コウモリに喰われそうになったら切られる真っ白なしっぽ

逃げ切るまで力いっぱい暴れてコウモリの気を引くんたぞ

そうだお前は真っ白なトカゲのしっぽだ

コウモリの気を引くのがしっぽの役目だ

お前は身を守るためのしっぽでしかないんだ

ただ切られるためにある白トカゲのしっぽだ

そうだお前はただの白いしっぽなんだ

よいか、切られたら力いっぱい暴れてコウモリの気を引くことを忘れるな

よいか、切られたら力いっぱい暴れてコウモリの気を引け! わかったな!

切られたら力いっぱい暴れてコウモリの気を引くんだぞ! 忘れるなよ!

切られた白いしっぽは忘れずに力いっぱい暴れて、暴れて、暴れた!

暴れまくって、コウモリの気を引いた!

それなのにコウモリは白トカゲの身体をうまそうに喰ってしまった。

なぜって、白トカゲは自分を白いしっぽとしか思ってなかったそうな。

それじぁ、悪魔の奴隷になったのと同じじゃぁないか?

羽ばたけば、逃れられたものを。

みんな天使なんだから。



tenshijunreitenshido at 08:44│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote悪夢の寝室 | Facebook

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字