2015年02月15日

「コレクター」という呼称、解りやすそうだから、つい使ってしまうけれども…

はっきり言って、あまり好きな用語ではない。

コレクションの投機目的は少ないとは思うけれども、資産目的は少なくない

気がする。

絵画の場合、資産とか想っているのは、妄想か、大方、詐欺に近いと思う。

つまり、ほとんどお蔵入りさせて、死蔵する訳だから。

それを薦める人は一部にいるし、それを聞いて期待してしまう人は多そうだ

けれども、とても気持ち悪い。

またコレクター中に購入が支援になると、若手の絵描きの絵画を単純に薦める

人達も一部にはおられるけれども、反面、若手に本人の実力を勘違いさせる、

解かり易く言うと、つまりは思い上がらせる場合もあり得る。

なにより若手の絵画を死蔵させるようなコレクターが言っているとしたら何の

説得力もない。

絵画は、飾られ鑑賞されて生きるものと想うから。

もちろん購入した絵画をどうするかはご自由ですけれども、だからこそ敢えて

憎まれ口をきいているのですよ!



tenshijunreitenshido at 07:44│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote天使堂 門番日誌 | Facebook

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字