ラピスラズリ

2009年06月29日

salut! コラージュ

 一昨日の外出の続きです。

 長居してしまったリサイクルショップを出ると直ぐに連合いはブレスレットを腕にはめていた。

 ブック○フにでも行こうかと誘ったら、却下された。ル○ネに行くという。私にも付き合えということかと訊くと、間を置いて一寸迷ってから、来なくてもいいと言われた。付いて来られると欲しい物も買えないからということだった。夏のバーゲンセールに入ったらしく、ル○ネに目をつけているのがあるようだ。

 分かれ道まで歩いて来て、で、どうするのと改めて訊いた。連合いは1人でル○ネに行く決意だった。私は西○に買物があったので、一時間後の8時にル○ネの入口でまた落ち合う約束をして、いったん分かれることにした。
 連合いは時計をしてなかったので、携帯電話の時計を見ることになる。連合いのは10分以上進んでいるのを知っていたから、間違えないように念を押した。無駄だろうけれど(爆)

 最近、連合いは独立心に目覚めていた。今までは必ず私を付き合わせなければ気が済まない性分だった。時間がない時など、用事を分担して別々に行動すれば時間も短縮できるのだが、必ずといってよいほど一緒に行動しないといけないので効率がとても悪かった。疲れている時、体長不良の時は、行けないというと不機嫌になるので辛かったこともあった。でも今では伊豆高原の天使堂の行き来も別々が多くなっている。

 私は西○で買物を直ぐに済ませたので、待合せまでの時間潰しにブック○フに向かったが、買い忘れた日用品に気が付いた。西○に戻りかたけたら、その手前に石のお店があった。最近、石にはまった連合いの無駄遣いが気にもなっていたので、ちょっと寄ってみた。

 ガラスケースの中にあった石を削った大きな球体に興味を持って見ていたら、店員さんが開けて持たせてくれた。ラピスラズリだと教えてくれた。ラピスラズリといっても不純物を多く含んでいるようで、グレーの小さな斑点がたくさん混ざり合って渋い色合いだったので気が付かなかった。その渋みがかえって好奇心をそそった。
 それより二回りくらい小さいラピスラズリの球体もあった。それにもグレーの小さな斑点が混ざっているものの、青々していた。それにしても異様に艶々していた。
 店員さんに「磨き過ぎだよね」と冗談めかして言うと、大きい方のも最初はこれくらい艶があったという。大きいのは外のショーウィンドウに入れておいたら陽に当たって、艶も消え色褪せて渋みがでたという。この小さいのも陽に曝らせば同じようになるらしい。ラピスラズリは紫外線に弱いと説明してくれた。それは知らなかったので半信半疑だったけれど、とても驚いた。

 他にもトラ目石とか、名前を教えてもらいながら覚え切れなかったけれど、半透明で複雑に屈折して滲んで見える反射光がなんとも幻想的な雰囲気を醸し出す石とか、珊瑚色のまばゆく光る半透明の石とか、やはり半透明で水色の八面体の大きな結晶とか、カットした石の内側に結晶した水晶の塊だとか、まだまだたくさんあった。不透明の深緑の石とか、ピンクの石とか、気になった石を幾つか、その名を聞いたり、性質を訊いたりして、覗くだけのつもりが、夢中になってしまった。
 連合いの好みとはまた異なるけれど、これははまるわ!と歓心した。

 石のお店を出て、ブック○フの方にしばらく歩いてしまったが、気が付いてまた西○に戻って、忘れていた日用品を買った。待合せの8時まで、ブック○フに寄るには時間が足りなくなっていたので、少し早いが待合せ場所に向かった。ル○ネの近くから、連合いに電話したら、ブック○フの入っている同じビルでショッピングをしているというので、タイミングがよいから私はブック○フに行っているからと伝えた。

 最近、お小遣いも乏しくなってきていたので、ブック○フからも足が遠退いていた。来たものの、特に欲しい本があるわけでもなく、なんとなく文庫本の本棚を眺めつつ、いつの間にか美術関係の本棚の前に来ていた。移転前に比べると美術関係の古本が極端に少なくなっていた。見る影もなかったので、その近辺の本を眺めていたら、連合いから電話が入った。

 5階に黒板が半額であるという。 黒板!? 黒板付きの立て看板。
 そう今、伊豆高原にある天使巡礼天使堂の立て看板の数を増やすことを計画している。連合いに少し話をしていたのを覚えていてくれたようで、嬉しかった♪ 少し見直した まる

 立て看板の他にイーゼルも検討していたけれど。屋外に立てたとき強風でも倒れにくいように風の抵抗を少なくするため、コルクボードに替えて網の利用を考えた。
 6月の天使堂の開館日の前日に徹夜して、試しに写真や絵はがき、ミニ額、オーナメントを金網にコラージュのようにあしらった簡易的なディスプレーキラキラを即席で作ってみた。ペースを網にすると、これらのアイテムは簡単に着脱ができるようになるから、気軽に模様替えもできる電球
 コラージュのベースとして、コルクボードや網の他に、BOX型の額縁なども利用して、それらの組合せも考えている。 
 寄り道したリサイクルショップで、長時間かけて、天使の翼や十字架などのシルバーのアクセサリーを選んだのも、コラージュの重要なアイテムとして利用したいと考えていたから。

 直ぐに5階に降りて行ったけれど、姿がない。電話したらどうも隣のビルらしい。どっちにいるかわからないだって! 幸い5階に連絡通路が架かっていたので、ここより広い隣のフロアーに向かった。
 そこは若者のパラダイス観覧車に変貌していた。小父さんには別世界 星 以前、東○百貨店だったところ。
 ここにも石のお店が入っていた。覗こうかとも想ったが、早く連合いを捜すことにした。目を回しながら、フロアーを一周しかけたところで、連合いから再度、電話が入った。何処にいるの怒と怒り気味。そっちこそ何処にいるのかと言いつつ、入ってきたところまで戻ると石のお店の前で連れ合いの大きな後姿を発見。後ろ後ろと伝えて、やっと振り返った連合いと合流できた。私が見つけないと永遠に会えないのだ。

 連合いに売り場まで案内してもらって驚いた。その立て看板の安さ! 思わず6個の在庫を全て買い占めてしまったので、伊豆高原の天使堂まで配達を頼んだ。
 展示の見本には、白ペンキを塗布して古めかせた木製の立て看板に黒板を吊り下げてあった。チラシやハガキも入りそうなアイボリーの金網で3区分ある横長のラックまで足元に付いていた。
 その他、木製のジュエリーBOXも2個。そのままシルバー類を入れてもよいし、区分の枠を外せばコラージュBOXにもなる。実際、展示見本の半分は、区分枠を外しBOXのなかをコラージュしていた。
 あとは、観音開きする格子の白い窓枠(木製)の付いた30cm四方の鏡を2枚買った。これをコラージュのベースとして利用できればとも考えて。

 実はもっと驚いたのは、そのお店( salut! )のセンスのよさ♪
 それに何と! お店の商品で、まさにコラージュ用といえるような網が売っていた。太い針金(枠と横数本)と細い針金(網の斜め掛け)で粗い網をつくり、横に通した針金の所々を上向きの二重螺旋にして写真やハガキを挟める工夫を施し、まさにプリントを挟んだコラージュを仕立てて展示していた。
 とりあえず買うのは見送ったけれど、半額になったら買い占めようと想う(爆)

 店員さんお二人が親切丁寧に対応してくださった。
 どれとどれを幾つ買おうか迷ったり、決めた商品の欠陥がないか検品したり、比較するためにもう幾つか在庫を出してもらったり、配達について相談したりした。買い終わった時はすでに閉店時間の9時を20分近く過ぎていた。店員さんにエレベーターまで見送っていただいた。いろいろご面倒をおかけしてすみませんでした。おかげさまでよい買物ができました♪

 エレベーターに乗り込んだけれど、出口が何階か判らなくなった。1階のボタンを押してもらって下に降りて外に出た。途中から別行動をして、先に出口で待っているはずの連合いの姿を捜すが見あたらなかった。また携帯をかけたら、2階の出口の前という。
 そういえば、大通りの反対側にあるJRの駅の改札は2階で、ぺデストリアンデッキで繋がっているから、2階からも外に出ることができるようになっていた。東○百貨店の時代から知っていたことなのだが、店内の雰囲気ががらりと変わっていたせいか、何処のビルにいたのか分からなくなっていた様で全く思い出せなかった。
 幸い1階の出口の外にも、目の前にエスカレータがある。2階に上がって、エスカレータの屋外用の屋根までガラスになっている壁越しに振り返ると、そのガラスに寄りかかった後ろ姿があった。声を掛けるには遠かった。いつ出てくるのだ怒とビルの2階の出入口を睨んでいそうな姿を見ながら、急いでエスカレーターの左後方から回り込んで、更に階段で十数段降りてやっと連合いに声を掛けれた。

 帰りのバス停に行くには降りた階段をまた登らないといけない。登リきったところで、連合いが突然、挨拶したので驚いた。気が付くといつもお世話になっている獣医さんのお二人だった。それもその日の午後一番で猫を診療してもらっていた。
 毎週、タクシーで連合いが障害をもつ猫を連れて行っている。伊豆高原の天使堂に行く週は2泊3日入院させている。いつもは午前中に預けるが、その日は午後に診ていただいて、いったん猫を自宅に連れ帰ってから、私達はまた外出して、この街中に来ていたのであった。
 バスは極端に本数の少ない路線。5分前に出てしまっていた。土曜日なので次はもう最終だ。JRを乗り継いで帰ることもできるが、荷物がかさばるので、しばらくバスを待つことにした。タクシーはお猫さましか乗せてもらえないし(爆)


伊豆高原【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】追夢人とシンクロニシティ
______________________________