絵画

2015年03月18日

草の根・美術絵画とか

現役の絵描きさんの絵画は、一般の人が観る機会は、限られるけれども、実は、美術学生や趣味で描いている人も含めれば、現役の絵描きさんの絵画の実数は、間違いなく膨大な数に上っている。

美術館を含む絵画売買の市場向け宣伝広告メディアによる知名度、周知度だけを頼りに、絵画を楽しもうとするのは結構なことではあるが、それだけでは近視眼的なのは間違いない。

絵を嗜む(描ける)ことに越したことはないのは言うまでもないけれども、描けなくても鑑賞するのは決して難しくない。ただそういう生活習慣を持つのは容易とは言えそうにないのが現状であろう。

海外の歴史的な巨匠の名画の、日本での展覧会の美術館の入場者数が十万人を超えたりもするが、銀座界隈の画廊でさえ、客足が減少の一途にあると画商は嘆き、アートフェアで、内外の超富裕層の大人買いに期待して、アーティストのブランディング(捏造?)で一攫千金を夢見て(妄想して)いるか、一部の大コレクターのなかには、なぜか画商の上目線から、絵画の供給過多を抑制し、価格の下落を防止しようと絵描きの淘汰?を推奨して、発掘したお気に入りの若手の、未だ廉価な絵画を購入することで支援と称しつつ、馴染みの画商やアート・メディアに重宝されているようだけれども、そんなのは小さな業界の内輪話に過ぎない。

某有名百貨店の美術サロンで展示販売されている額装も立派な、いわゆる高額一流絵画がお好みならば、それはそれで結構ではあるけれども、銀座京橋界隈のみならず、各街の小さなギャラリーには、ならではの多種多様性も面白い。

歩いて見て巡るだけでも、心身ともに健康にもよい。

ところで、絵描きさんにとって、絵を展示するのに公共施設は経費が少なくて済むのは好いけれども、慢性的に満員で、予約はずっと先になる。

それに絵を展示したいと思うのは、絵描きさんだけだろうか?

私は会社員だった時、自腹で購入した絵は、勤め先の空いた壁に展示させてもらっていた。所属部署の部屋はもちろん、会議室、応接室、エントランス、廊下、飾れそうな空いた壁は全部。自宅では飾れる壁は少ないし、ほとんど睡眠のためだけに帰る自宅より会社での滞在時間が圧倒的に長かったから。ただ、誰にでも好まれそうな画風の絵に限られたけれども。

絵画ではないが、写真同好会の同僚など数名は、会社近くで駅前にあった、行き付けの小さな個人経営の喫茶店の狭い壁にずっとただ飾って貰っていた。

絵画を他人に観て貰う為の展示は、画廊や美術館に限らず、好きな者同士なら、その機会はつくれる。ギャラリー以外の場所での展示を馬鹿にしたり軽んじてはいないだろうか?

絵画を直に鑑賞できる場や機会をもっと増やした方がよいと想う。絵描きは、同時に鑑賞者でもなければ、絵画は普及しないと思う。絵画を購入してまで手元で鑑賞したくなる気持ちも、そういう身近な処で接した体験から生まれると想うから。

絵画を売買の商品としかみなせなければ、小さなパイの奪い合いか、富裕層しか実は相手にしていない利益最優先の吹っ掛け詐欺もどき商法の印象しか、一般には周知されないだろう。



tenshijunreitenshido at 02:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年06月06日

コレクションの市場価値が上がったって?

 長年に渡り現役画家として精力的に制作活動を続けられるという​ことは立派なことと想う。
 作品価格も若い頃に比べて高くなっていることは、一般によくあ​ることだろう。
 版画は、ほぼ同じ作品が複数枚が摺られて存在しているから、若​い頃の作品が売れ残っていたりする。また若い頃の油彩など、一度​、売れたのが出戻ってきたり、他から仕入れたりした作品が画商の​元にあったりする。それを再度、販売する場合、保存状態が良けれ​ば、現在の上がった価格に準じて値を上げて、或いは、仕入れ値に​利益を上乗せして販売することはよくあることだと思う。
 同じ作家の版画、或いは同サイズの同程度の内容の油彩などの所​有者にとっては、市場価値が上がったと嬉しく想うのはよくある人​情だろう。
 しかし、所有者が作品をその値段で売ろうとしても、そう簡単に​売れるとは限らない、というより、売れることはまず難しいと思う​。
 保存状態がよくて、引取ってくれる画商がいたとしても、その時の販売価格ではなく​、仕入れ値になるから。
 それに所有者が手放すということは、人気がない指標にもなり、​作品価格の値下げ要因にも作用するから。
 では、新規にその絵を買う側にとっては、高い買い物になるのだ​から、惚れた弱みもあるだろうし、必ずしも嬉しい話なのだろうか​?いざ本当に作品を購入する時、その人にとっては価格は大きなウ​ェートを持つけれど、買う動機によってその意味合いも変わってく​ることだろう。買った後で値が下がるリスクもありうるから。
 買わない人、或いは、買えない人にとって、その作品の内容より​も、もし価格に興味や関心があるなら、現在の値段を鵜呑みにせず、冷静に作​品内容との兼ね合い、その妥当性、上がってきた経緯などの情報を​加味して考えた方がよい。


tenshijunreitenshido at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年01月21日

万人の好みの違い

万人に愛されるものは案外、平凡なものである。
好みが違えば、他人の好みほど、興味も関心も湧かぬものはない​。
普通、口にはしないが、最悪、陰で貶されるのがおちである。
そのことは知っておいた方がよい。絵画については特にそう思う。

tenshijunreitenshido at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年01月20日

販売目的の絵画でも例外ではない。

 資本主義の産業社会のマスメディアは単なる情報の伝達手段では​なく、そのほとんどが商品の購買行動の誘発を目的とした宣伝、広​告、コマーシャルである。そこには必ず広告費以上の収益を見込ん​だ広告料を払う広告主(資本家)がいる。
 
 知名度は必ず資本と結びついている。それは資本の力で知名度が​上げられていることを意味する。そこには必ず知名度・マスメディ​ア・資本の癒着構造がある。
 
 販売目的の絵画でも例外ではない。
 
 【マスメディア(Mass Media)は、新聞社・出版社・放送局など特定少数の発信者か​ら、一方的かつ不特定多数の受け手へ向けての情報伝達手段となる​新聞・雑誌・ラジオ放送・テレビ放送などのメディア(媒体)であ​る。マスメディアにより実現される情報の伝達(コミュニケーショ​ン)が「マスコミュニケーション」である。】 ※ウィキペディア​より

tenshijunreitenshido at 16:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年12月10日

美の予感 2010

画家 松本 潮里さまからグループ展のご案内をいただきました。

いつもありがとうございます!

この場をお借りして御礼申し上げますとともに

みなさまにもご紹介させていただきます♪

美の敬称。飛翔百年へ。
高島屋美術部創設百年記念
TAKASHIMAYA CENTENNALE

 次のステージへ
絵画・版画・写真 >>> 新世代

美の予感 2010

- 新たなる平面のカオスへ -

40歳以下世代の平面作家によるグループ展。
日本画、洋画、版画、写真の各分野から26名の作家の出品。

出品作家 (50音順・敬称略)
秋山 泉、荒木 亨子、石井 鈴、今井 麗、入江 明日香、岩田 壮平、
上垣 真也、大谷 有花、大沼 蘭、岡本 啓、奥谷 太一、奥村 美佳、
菅野 秋恵、絹谷 香菜子、齋藤 ゆりあ、宍野 寛、篠塚 聖哉、
進藤 万里子、田島 周吾、田嶋 徹、松本 潮里、水野 暁、
向山 裕、元田 久治、山口 英紀、王 培

 
東京展:2009年12月16日(水)~12月22日(火)
高島屋東京店六階美術画廊
tel.03-3211-4111(代表)

大阪展:2010年1月6日(水)~1月12日(火)
高島屋大阪店六階美術画廊
tel.06-6631-1101(代表)

京都展:2010年1月20日(水)~1月26日(火)
高島屋京都店六階美術画廊
tel.075-2211-8811(代表)

横浜展:2010年2月3日(水)~2月9日(火)
高島屋横浜店七階美術画廊
tel.045-311-5111(代表)

名古屋展:2010年2月17日(水)~2月23日(火)
ジェイアール名古屋高島屋十階美術画廊
tel.052-566-1101(代表)

新宿展:2010年3月10日(水)~3月16日(火)
高島屋新宿店十階美術画廊
tel.03-5361-1111(代表)

最終日は各会場とも 16:00 閉場



tenshijunreitenshido at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote