鉛筆画

2014年05月10日

ラティチュード(latitude) の原理は、鉛筆画の鑑賞に際し、自分の感性を内省する上で重要な位置をを占めている。

ラティチュード(latitude) の原理は、鉛筆画の鑑賞に際し、私の感性を内省する上で

重要な位置を占めている。

私は30代前半の数年間、主にネガカラーフィルムで屋外の写真撮影(ポートレイトや

風景など)を趣味にしていたので、撮影時のカメラの露出やフィルム感度などの知識を

ほんの少し勉強したのが、絵画鑑賞をした後で自分の感受性についていろいろ考える

時にとても役に立っている、換言すれば、影響を受けていると想う。

ちなみに、ピント(焦点)が合う奥行きの被写界深度とか、写真の焼加減というか、

軟調とか、硬調のとか、写真についての知識が、鉛筆画の全体の印象にも係わると

思われる描き方の特徴を大まかに捉える上で参考になっていると想っていたけれども、

却ってそれらは、絵画鑑賞にはバイアスの部類に入るのだろうか!?

※2014/5/9(金)のFacebook の門番 追夢人のノートより転載

QT ラティチュード、ラチチュード、ラティテュード (latitude) とは、一般的に日本では写真用語であり、音響学・信号処理分野で言うところの「ダイナミックレンジ」に相当する。感光材料(写真フィルムなど)が、画像(階調の集まり)として再現できる露光の範囲、寛容度を表すことに使われる。露光寛容度、露出寛容度とも言う。英語ではexposure latitude。

概要: 写真撮影(露光)において、感光材料に対し適正より少ない露光量(露出アンダー、画像が暗く階調がつぶれるおそれがある)や、反対に適正より多い露光量(露出オーバー、画像が明るく階調が飛ぶおそれがある)であっても階調が無くならず、画像として成立するような特性(露光許容量が大きい)を「ラティチュードが広い」と表現する。このような特性の場合、暗い部分(シャドウ)から明るい部分(ハイライト)までなだらかな階調が再現できる反面、画像がフラット(眠たい調子)になりやすい。

逆に再現できる露光の範囲が狭い特性を「ラティチュードが狭い」と表現する。この場合、露出オーバーやアンダーに対して、白とびや黒つぶれを起こしやすいが、コントラストの高い画像を得ることが出来る。

一般的にネガフィルムはラティチュードが広く、リバーサル(ポジ)フイルムや固体撮像素子を用いるデジタルカメラのラティチュードは狭い。撮影においては、ラティチュードが広い方が扱いやすい。

ウィキペディア フリー百科事典より抜粋



2012年11月08日

無題 鉛筆画家 こまつたかし

鉛筆画 こまつたかし 2011年7月
Copyright(C) 2011 Takashi Komatsu 


無題 こまつたかし 鉛筆画


7H~HB イラスト・ボード(カラーパウダーボード)約15x7cm 2011.7制作


伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼天使堂】 所蔵作品

2階展示室「ヲ伽の子ども部屋」にて常設展示しています。



2012年11月06日

ペン画、鉛筆画とインスピレーション

 五年程前だったかな、絵の展示会で、ペンで上手に線や細かな点描の作品を制作している、まだ駆出しの若い画家さんを見つけると、銅版画制作を奨めたりした。

 それは、私が、線描とか、銅版画が好きという、誠に自分勝手な軽い動機からだった。

 今は少し反省している。

 私が30代前半の頃、カメラ撮影に少し凝ったことがある。中古の中級機種を使用していたが、ある時、撮影に同行していた友人の性能の良いカメラのファインダーを覗かせてもらった。それも明るいレンズで視野率の大きいファインダーを覗くと、まるで世界が違って見えた。シャッターを押す瞬間のインスピレーションが全く違ってくると直感した。

 その経験があるから、作業工程が全く違えば、インスピレーションも大きく変わるだろうと思えるようになった。

 手描きと銅版画では制作工程が全く異なるから、個人差もあると思うけれど、誰もが銅版画に適性があるわけではないし。

 余談だけれど、手描きが得意な画家さんが、デジタル描画ソフトにもトライする場合、人によっては、インスピレーションが狂ってスムーズに上達できないことも起り得るリスクがあるようにも思う。

 美しく繊細な線描をペンや鉛筆で描けるに越したことはないと思う。

 余計なお世話とは思うが、腱鞘炎にならぬよう、脇目を振らずに描き続けて、腕を磨く方がよいと今では想っている。

 ペン画、鉛筆画は、作家さんの個性がダイレクトに表れるからとても魅力的だし、奥も深いし、大好きになってしまった!

 でもやはり、持論というものは、要望と同じく、私的な好みとか、利害や関心から発してしまう。

 まだ反省が足りてないか!



2012年05月28日

第12回 鉛筆派展 アートスペース・リビーナ(港区北青山)


第12回 「 鉛筆派展 」


闇と光が創り出す鉛筆空間

CapismaniaXII


第12回 鉛筆派展

「 五月、書物の中へ… 」 


2012/5/28(月)~6/3(日)

11時~19時 
※金・土は20時迄、最終日17時迄


アートスペース・リビーナ

〒107-0061 東京都港区北青山3-5-25 表参道ビル4F
※東京メトロ地下鉄 表参道駅下車 A3出口直ぐ左手
TEL.03-3401-0629 FAX.03-3401-6703



2012年05月25日

こまつたかし 個展 pencil works キチジョウジギャラリー

こまつたかし個展 pencil works 201206


こまつたかし個展

pencil works


鉛筆で制作された絵画作品の展示


2012/6/6(水)~6/11(月)

12時~19時 
※最終日17時迄


キチジョウジギャラリー

〒1801-0001 東京都三鷹市井の頭3-32-16-105
 TEL.0422-48-3112
※京王井の頭線 井の頭公園駅徒歩1分/JR中央線 吉祥寺駅徒歩9分


こまつたかしブログ
  「
鉛筆画やいろいろのこと
~nostudio Art Works~



2012年05月20日

小川香織 個展 -森、秘密、そして少女達- ぎゃらりー遊

小川香織個展ー森、秘密、そして少女達ー
Copyright(C) 2012 Kaori Ogawa


小川香織 個展


- 森、秘密、そして少女達 -

画家 小川香織さまの鉛筆で描かれた不思議な世界


2012/5/22(火)~5/27(日)

11時~18時 
※最終日17時迄


ぎゃらりー遊 

東京都北区赤羽西1-35-8 レッドウイングビル1F
Tel. 03-6808-7575 Fax. 03-6808-7576
※ JR赤羽駅より徒歩数分



2012年05月12日

甲秀樹 個展「早春譜 2012」 ポスターハリスギャラリー

甲秀樹 個展「早春譜 2012」DM
「早春譜」 鉛筆/ケント紙 375×250mm


甲秀樹 個展 「早春譜 2012」

“化身”をテーマに鉛筆画の新作約20点を展示


2012/5/12(土) ~5/21(月)

13時~19時 ※最終日17時迄

※入場無料、会期中無休

<企画> ギャルリー美蕾樹
<企画製作> ポスターハリス・カンパニー


ポスターハリスギャラリー

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目26番18号 朝香ビル103号
TEL.03-5456-7218 FAX.03-3463-2992

※文化村通りドン・キホーテの裏あたり。
渋谷駅ハチ公口から文化村通りを東急本店の方向に進んで
ドン・キホーテを通りすぎて一つめの角(洋服屋)を左折。
直ぐまた一つめの角(居酒屋・魚真)を左折した袋小路の
突当り。緑色の階段を上ったビル1階の奥がギャラリー。
迷ったら、迷わずお電話してください。

access map



2012年04月20日

「黒猫のナジャ・プロローグ」 浅野勝美 作品展 ぎゃらりぃ朋

画家 浅野勝美さまより個展のご案内を頂き
ましたので、皆さまにもご紹介いたします♪
この場をおかりして御礼申し上げます。

いつもご案内を誠にありがとうございます!



KATSUMI ASANO EXHIBITION



KATSUMI ASANO EXHIBITION

浅野勝美 作品展


「黒猫のナジャ・プロローグ」


2012/4/20(金) ~4/28(土)

12時~19時 
※4/22 (日)休廊


ぎゃらりぃ朋 / GALLERY TOMO

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-1 第三太陽ビル2F
TEL.03-3567-7577



2012年03月26日

漆黒のラビリントス<グラファイト> スパンアートギャラリー

画家 浅野勝美さまよりグループ展のご案内を
頂きましたので皆さまにもご紹介いたします♪
この場をおかりして御礼申し上げます。

いつもご案内を誠にありがとうございます!

漆黒のラビリントス<グラファイト>



漆黒のラビリントス

[ graphite ]

- グラファイト -


浅野勝美/安彦文平/小川香織/
永井健一/麻子/村澤美独/渡邊光也



2012/3/26(月) ~ 4/ 7日(土)

11時~19時
 ※日曜休廊、最終日17時迄


スパンアートギャラリー
Span Art Gallery

東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル
TEL.03-5524-3060



2011年11月06日

 少年第四段 (鉛筆画と猫と少年のシンクロニシティ)

 少年第四段 (鉛筆画と猫と少年のシンクロニシティ)

 意味ある偶然の一致の意味は置いておいて、偶然の一致、共時性ということで、シンクロニシティを語る時、現象の内容の他に時間が大きな鍵となる。分や秒単位まで一致する場合もあるが、追夢人のシンクロニシティはそんな刹那な話でなく、もっと長いスパンに渡って複合連鎖で絡み合い、後日、幾つか想い起すと皆が繋がってくるという不思議な現象だ。
 過去の現象を幾つか拾うところにこじ付けの恣意が働いているといわれるかも知れないが、多々ある現象から、ある関心事に心血を注ぐ過程で、そこにある共通の関連性に気付いて話題に挙げるに過ぎない。
 気付くか、気付かないかは、その対象に意識が覚醒されたか、眠ったままか、ということ。



鉛筆画 こまつたかし 2011年7月

Copyright(C) 2011 Takashi Komatsu
鉛筆画 7H~HB イラスト・ボード(カラーパウダーボード) こまつたかし 2011/7制作
伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼天使堂】 所蔵作品 2階展示室「ヲ伽の子ども部屋」にて常設展示するー♪


  2011年十一月五日(土)のお昼前、twitterを見ていた。
 前日、四日のツイートだったけど、barajuzidanさんのツイート【Zaroffサイト更新】『幻の猫展』2012/2/16(木)~2/28(火)(
http://bit.ly/pbKIqP )を idealislandさんが公式リツイートしていたから、私もRTした。リンク先の画廊のスケジュールの参加メンバーを見て驚いた。私のここ数日間のシンクロニシティの連鎖の話をお読みいただいた方にはその驚きを共感していただけると想う。

 もうお一人、同姓の、chie0611さんのツイートを見たら、第2回啓祐堂写真グループ展のお知らせ(
http://00350535.at.webry.info/201111/article_1.html )とこまつたかし氏の鉛筆画の展示( http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1188078/1208538/73807558 )を勧めていた。両方とも観にいく機会を窺っていたが、こまつたかし氏のは忘れかけていたので助かった。

 展示場所の最寄駅はJR品川駅と西荻窪駅。最後は京王線で調布にも寄る用事があったし、支度に手間取って出るのが遅くなってしまったから、西荻方面に絞ることにした。こまつたかし氏の鉛筆画は一度も実物を拝見したことがなかったから。

 お迎えした鉛筆画が上の画像で、ぬいぐるみのくまを抱いてる少年の画像。
 もう一つ、展示会場で看板代わりに出迎えてくれていた絵ハガキの絵の画像を下にご紹介します。

「jarashite」 鉛筆画
 Copyright(C) 2011 Takashi Komatsu
 「jarashite」 こまつたかし 鉛筆画 7H~HB イラスト・ボード(カラーパウダーボード)


 まだまだ、関連したシンクロはあるけれど、今日はここまで。ひとつだけおまけ話をすれば、最後に寄った調布に着いて直ぐ見たNHKテレビに小松の親分さんと前川清さんがお芝居で共演してた(笑)

続きを読む

2011年11月03日

じんさんの耳に言魂するシンクロニシティ

じんさんの耳に言魂するシンクロニシティ

 追夢人のシンクロニシティに予期せずに係わられました皆さま、無断でネット上に実名をお出してお気持ちや感情、心配りなど繊細な配慮に欠けるところがあったことなど誠に申し訳ございません。なかには不愉快に思われている方もいらっしゃるかも知れませんが、特に他意はございません。どうかお許しください。
 一方、「いいね!」をくださいました皆さま、また予期せず係わられたのにもかかわらず、「いいね!」をくださいました皆さまほんとうにありがとうございます♪

 絵画に夢中になればなるほど、真剣になればなるほど、これだーっ!という感性に純粋に従って絵画に接すればするほど、シンクロニシティは本当に何か共通の方向に集約していきます。出会った画家さんや絵をお迎えした画家さんのほとんどと不思議な偶然の共時性がありました。それを共有認識できた画家さんも少なくありません。

 天使巡礼天使堂のブログのカテゴリーの「シンクロニシティ」のなかに記事として幾つか書いたりもしました。また六年間続けているブログでいただいたコメントのやりとりのなかにシンクロニシティの話題もいくつもありました。ただ、もっと沢山の具体例を挙げられるのですが、人との係わりが多いため、記事で公開するには大いにプライバシーに係わるので、積極的には書けませんでした。

 そもそも偶然に係わられた人たちとの位置付けや距離感がわかりません。記事にしてネット上に公開してよい大義も目的も特にありません。動機といえば、単にその不思議さにただ想い余って衝動に駈られて、つい書いてしまうことがたまにある程度です。なにしろ、特に貧弱な文章力で記事にするのに気力が持ち応えられませんでしたから。

 しかし、私のいう不思議な偶然の一致、シンクロニシティは、抽象的な理屈などではなく、実在する画家さんとの出会いが主体でした。差支えないところで話をすると、例えば、ある傾向をもったギャラリーや画廊に収斂されていくことです。具体的には、現在、私にとっての新しい発見でもあるのですが、京王線の初台駅の近くにある画廊 珈琲 Zaroff だったりします。つい最近、私の好きな画家さんたちが、新人から中堅?まで大勢集結しているのを知りました。主に画家さんからの案内はがきをいただいて、私は行くようになったに過ぎませんが。その後、ツイッターやブログで情報を追うようになっただけですけれど。

 例えば、天使巡礼天使堂が作品を所蔵している画家さんでいえば、近藤宗臣氏、案蘭さま、ニューフェースの寺田楓さまです。この三者の作品をお迎えしたのは、近藤氏の鉛筆画「吸血の眠り姫」は2009年十一月に銀座の青木画廊、安蘭さまのペン画「ナルシス」は2011年五月に銀座のヴァニラ画廊、寺田さまのアクリル画「芋虫」は2011年七月に横浜郊外の閑静な住宅地内にある民家のギャラリーでした。
 にもかかわらず、ここ半年以内にそこでのグループ展に参加されました。私が初めてZaroffの画廊に行ったのは、2011年七月、案内はがきをくださった近藤宗臣氏と安蘭さまが参加された同じグループ展「続・江戸川乱歩全集 Zaroff パノラマ展」からでした。その時の参加作家は、失礼ながら敬称を略させていただきますが、平面は、綺朔ちいこ、安蘭、岸田尚、古賀郁、近藤宗臣、永井健一、西川祥子、ひかり、古川沙織、百瀬靖子、立体はNoe, SONIC でした。
 更に驚いたのは、2011年八月に寺田楓さまが、そこでのグループ展「 魔法少女展」に参加されたことです。じんさんもみにいらしたそうです。

 また、今年2011年三月、震災で観に行けなかった、案蘭さまが参加されたそこでのグループ展が、九月上旬に再度、「大正展リバイバル 乙女の部屋~大正時代へのオマージュ展」として開催されました。お伺いしたら、お客様としていらしていたIIFAAの浅野信二氏が携帯電話にでるため、ちょうどカフェから道路に出ていらしたのでご挨拶したり、カフェの中にはIIFAAの古賀郁氏の姿も見え、二階の画廊で古賀氏から十月の個展の案内はがきを手渡しでいただいたりしました。ちなみに浅野信二氏の作品は、もう十年以上前から所蔵しており、五年前に始めた天使巡礼天使堂には現在、三作品を二つの展示室に常設展示しています。
 ツイッターでツイート(つぶやき)を追っていたりすると、寺田楓様も、画家 はやしすみこ様も画廊 珈琲 Zaroff で来年の2012年に個展を予定されているとか。

 因みに私のギャラリー巡りの始まりは、銀座では、最初は、十年くらい前から現在まで、付かず離れずといった感じで青木画廊とIFAAの数人の画家さんたちがコアとなっていたと想います。ほとんど行ってなかったけれど、ハンス・ベルメールに関心があったので、神保町のギャラリーかわまつに最初の頃に一回、そして最近になってから数回行きました。また初期には直ぐに小さな画廊が沢山入っている古めかしいビル(ビル名は知っています)に通い始めました。その後、一年くらいしてから、スパン・アートギャラリーと大好きだったギャラリー・二ケ(現在はありません)によく通ってました。渋谷では美羅樹(現在はありません)、ブンカムラギャラリーとか。あと銀座のヴァニラ画廊、そして数年前から渋谷のポスターハリスギャラリーとか、最近では青山のビリケンギャラリーとかをたまに覗いてました。それ以外は画家さんが個展やグループ展をするギャラリーなどいただいた案内はがきに応じて足を運んでいます。天使巡礼天使堂を始めた五年前くらいから、銀座のギャラリーSTAGE-1を始め、時間の許す限り幅広くギャラリー巡りをしています。

 ギャラリー巡りを始めた最初の頃、実はある嗜好に夢中になり過ぎて自分を見失いかけました。それを家族に止められ、禁止する約束を厳守させられ続け、泣く泣く封印した世界があります。その当時、封印するのも一つの方法だよという御言葉をじんさんからいただきました。なので、もう十年近く遠ざけてきましたから、現在は辛さは感じなくなっています。それで絵画とか、西洋アンティークなどに関心を集中させてきました。にも拘らず、エネルギーを傾けているだけで、否応なく封印した世界にシンクロしてしまいます。例えば、ヤン・シュヴァンク・マイエルの世界とか。

 ですから、上記に挙げてない、復刊した雑誌とか、それによく似た雑誌とご縁が深そうな新しくできたそうなギャラリーも、もしかして古いところなのかもしれませんが、その存在は知っています。ずっと行かずに我慢してきました。井の頭線の井の頭公園駅前にあった大正モダン?な喫茶(店名も知ってます)にもほとんど、まして渋谷でつい最近、幕を下ろした地下へは、その前身時代に何回か行ってましたけど、とうとう最後まで行きませんでした。仙台のギャラリーや横浜郊外の閑静な住宅地内の民家のギャラリーもできた頃から、いやもしかしたらその前、銀座の頃から知っていたかもしれません。

Lapismania XI Thema 「五月、机上の妄想」

 鉛筆派XI展「五月、机上の妄想」2011年


 では、なぜ、じんさんの耳なのか、これも十年近く前にシンクロ体験があったからです。

 ここ数日シンクロニシティに纏わる記事を書きつつ、各々の展示会の案内はがきの画像をアップしていましたら、そのなかでも、第11回 鉛筆派展 Lapismania XI Thema 「 五月、机上の妄想 」の案内はがきの図柄を見て、思い出したので、これもご縁かと想い書き留めることにした次第です。



2011年11月02日

鉛筆画と童画のシンクロニシティ

鉛筆画と童画のシンクロニシティ

 2011年五月中旬、確か建石修志先生、亀井清明先生が講座を担当している受講生55名による鉛筆画の展覧会、鉛筆派XI展「五月、机上の妄想」が港区北青山3丁目、アートスペース リビーナ(表参道ビル4F)であった。【シンクロの渦 @追夢人とシンクロニシティ】でふれた猫の鉛筆画の画家さんと甘ったるい男の子の絵の画家さんが出品していたので、何処で入手したか覚えてないが案内はがきの住所を頼りに初めて観に行った。その前からリビーナは地下鉄表参道駅A3出口のすぐ近くにあることは知ってはいたが、場所が分らずに見逃した展示会も幾つかあったと思う。

Lapismania XI Thema 「五月、机上の妄想」

 同じ五月下旬、銀座6丁目、VANILLA GALLERYの安蘭・雨宮里江2人展「華蝶月香」を観にいらしていた画家はやしすみこ様と会場で、安蘭さまを介して御挨拶したことを【「少年」の絵に纏わるシンクロ繋がり】でふれた。

安蘭・雨宮里江2人展 「 華蝶月香 」

 その前、三月上旬、震災直前に銀座7丁目、銀座幸伸ギャラリーの「2011 グリーンナイーブ展 -JAPAN MODERN NAIVE ART-」で、画家 永見由子様の丸い銀色の額に入った岩絵の具と胡粉で麻紙に描かれた甘ったるい男の子「天文クラブ」を衝動買いしてしまったこともそこに書いた。

2011 グリーンナイーブ展 - JAPAN MODERN NAIVE ART -

 そのご縁で永見様から、七月下旬にはアートスペース リビーナのグループ展「現代童画会’11セミナー展 純粋な心の絵画 ナイーブアート」のご案内を頂いた。
 そこで、永見様の作品はもちろんのこと、はやし様の油彩を初めて拝見し、現代童画会の会友ということを知った。そこには当然、【シンクロの渦 @追夢人とシンクロニシティ】でふれた猫の鉛筆画の画家さんの作品もあった。その三者の作品が私にとっては群を抜いて好みだった。特に永見様の作品に描かれたの女の子がロザリオを手にしていたのが印象的だった。

現代童画会’11セミナー展


 そして、Facebookもきっかけとなり、画家 はやしすみこ様から「第37回 現代童画展」の御招待はがきをいただいた。 


第37回 現代童画展 招待はがき


第37回 現代童画展


2011/11/10(木)~11/16(水) 10時~17時

※最終日13時まで入場可能、14時閉館

一般 700円 大学・高校生500円 中学生300円 小学生以下 無料


上野の森美術館

〒110-0007 東京都台東区上野公園 1-2



2011年10月31日

シンクロの渦 @追夢人とシンクロニシティ

 私の思考は緻密だ(った)。だから、犬の嗅覚が人より100万倍鋭いようにシンクロの糸を嗅ぎつけてしまうらしい。しかし大局は見えない。他人にはたぶんつまらないことへの拘りが強い。恐らく大局は嫌いなんだ!細部が好きなのだ。細かい。細か過ぎるのだと思う。
 銅版画の一本の線だけで脳髄が反応する。エングレービングの線のきれ、ドライポイントのインクの滲み、エッチングの流麗、メゾチントの掠れ、アクアチントの漆黒に感応した。
 作品を鑑賞してないわけではないけれど、それはどうも嫌われるタイプらしい。確かに(汗。しんどい時もある。我ながらやばいと思う。でも我に返るとやはりそちらに偏っている。そういうタイプは早く呆けるらしい。自覚症状もある。

 しかし、その偏った方面に対する直感(瞬時の総合力)はどうも確かなようだ。それには過去の長い経験の記憶の蓄積があるのだけれど。
 単語や年表や人の名前の暗記は弱いが、視覚的に体験した記憶は強かった。だからシンクロニシティ体験も解析できるのだと想う。しかし、もう大かた忘れている。細かなシンクロニシティがありすぎて覚えていられない。もう気にしないようにしている。無理だけど。でももう細かいのはいい。大きなシンクロの渦のなかに巻き込まれているのは確かなのだから、もう日常茶飯事の細かいシンクロは体験だけで十分なのだ。

 だから、忘れないうちに大雑把に係りある人たちや絵を書き留めておくことにする。他人に解りやすく書くこともできなくもないけれど、気力と文章力が足りないからもう無理、キッパリ! 感性の鋭ぎ澄まされた人たちが判ればよい。当事者も感度が少しは良くなければ理解できないだろうけど。


2011 グリーンナイーブ展 - JAPAN MODERN NAIVE ART -
2011 グリーンナイーブ展 - JAPAN MODERN NAIVE ART -
井上 正男・田中 道信・上原 柳二・コムロレイコ・綱島 裕・中井 結美・
神山 祥子・川村 美佳子・永見 由子・大作 俊子 ※DM記載順、敬称略
2011/2/28(月) ~3/6(日) 銀座幸伸ギャラリー2階
東京都中央区銀座7丁目7-1 銀座幸伸ビル2階・3階
http://kosin.blog76.fc2.com/blog-entry-175.html


 ギャラリーや画廊には、そこ以外で開催される案内はがきもいろいろ置いてある。ギャラリー巡りをしていて、何処のギャラリーだったか忘れたけど、案内はがきを見つけた。以前、購入を諦めた鉛筆画を描いた画家さんが参加しているグループ展の案内はがきだった。もらっておいて、3.11震災の数週間前だったと記憶している、その頃、機会をみつけて銀座の貸画廊に行ってみた。
 目当ての鉛筆画が展示してあった。とてもよく描けている。猫の絵だ。私は猫を飼っている。何十年も、そして何匹も。人生猫塗れだ。だから絵まで猫を欲しいとは今まで思ったことはなかった。でも、この絵は欲しかった。
 しかし、欲しい気持が先行する時ほどなぜか敢えてハードルを高くして、たくさん意地悪な見方をする。絵はそれをクリアせねばならない。完全にクリアしていた。手に入れなければ、後悔する絵に違いなかった。

 ところが、強敵がいた。甘ったるい男の子の絵だ!意外だった。私にとっての盲点だった。
 会場にその画家さんはいらっしゃらなかった。お当番の画家さんを煩わせて、ご本人と連絡をとっていただいた。その場から電話でいろいろな観点から突っ込んでみた。下北沢のギャラリー無寸草まで同じ画家さんの作品があるというので、決めた作品が私にとって一番良いか、購入申込をした当日の帰りがけに確かめに寄ったほど。そしてその絵がクリアしたのだ。
 両方とも欲しかったけれど、その時期は軍資金が足りなかった。後で知らない人に買われるよりはと同行した友人に勧めたほどの猫だった。



2011年05月16日

第11回 鉛筆派展 Lapismania XI Thema 「 五月、机上の妄想 」

Lapismania XI Thema 「五月、机上の妄想」



Lapismania XI Thema

 「 五月、机上の妄想 」


2011年5月16日(月)~5月22日(日)

11時~19時
 ※金曜日と土曜日は20時迄/最終日17時迄


アートスペース・リビーナ

〒107-0061 東京都港区北青山3-5-25 表参道ビル4F
tel.03-3401-0629



2011年04月18日

多賀新 銅版画 鉛筆画 展

多賀新 様から企画展のご案内を頂きましたので
皆さまにもご紹介させていただきますとともに
この場をお借りして御礼申し上げます。

ご案内まことにありがとうございました!♪


多賀新 銅版画 鉛筆画 展 DM-2011-4



多賀新 銅版画 鉛筆画 展

画廊企画


2011年4月18日(月)~4月30日(土)
Opening Party 4/18 16:30-18:30
※日曜・祝日休廊

11:00~19:00 ※最終日17:00迄


養清堂画廊
THE YOSEIDO GALLERY

〒104-0061東京都中央区銀座5-5-15
TEL.03-3571-1312 FAX.03-3571-2471



2011年03月21日

《菫色の文法》展 vol.1 ~ルネ・ヴィヴィアンの寢臺~

浅野勝美 様からグループ展のご案内を頂きました
ので、皆さまにもご紹介させていただきますとともに
この場をお借りして御礼申し上げます。

ご案内まことにありがとうございました!♪


菫色の文法展DM201103


EXHIBITION


菫色の文法展


vol.1


~ルネ・ヴィヴィアンの寢臺~


2011年3月21日(月)~4月2日(土)


12:00~19:00

 ※土曜・祝日17:00迄 会期中無休


【ゲスト・アーティスト】
浅野勝美(鉛筆画)
佐分利史子(カリグラフィ)
須川まきこ(ペン画)
染め花 Horry(コサージュ)
鳥居椿(水彩画)
横井まい子(油絵)
【菫リボン会メンバー】
古川沙織(ペン画)森馨
ミストレス・ノール(服飾・オブジェ)


ヴァニラ画廊

〒104-0061 東京都中央区銀座 6-10-10 第 2 蒲田ビル 4 階
TEL&FAX 03-5568-1233



2010年10月01日

三人三様展

三人三様展


三人三様展


牧弘子、馬場京子、小川香織


「とまらない記憶の風に」 エッチング 
「OROCHI」 ミクストメディア 
「黒髪」 鉛筆画
 

2010年10月9(土)~10月23日(土)
 ※10日(日)休廊

12:00~19:00 最終日 17:00まで

gallery nike
ギャラリー 二ケ
東京都中央区銀座8-18-3 DJ銀座ビル2F
TEL/FAX : 03-3543-6040



2010年05月11日

Alice in wonderland 不思議の国のアリス

不思議の国のアリス 村澤美独(鉛筆画)


Alice in wonderland

不思議の国のアリス

出展者
村澤美独(鉛筆画)
横山浪漫(切り絵)

協力
なかの由峰(創作)
石井淳子(ニードルフェルトアート)
深田萌絵(テキスト)

2010年5月11日~5月17日

10:00 ~ 22:00 ※最終日18:00迄

恵文社一乗寺店/ギャラリーアンフェール

〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10
※叡山電車一乗寺駅下車して商店街を西へまっすぐ徒歩3分)
TEL/FAX 075-711-5919



2010年01月07日

弐千拾年 奇彩展

今年も、Gallery Nike より企画展のご案内を
いただきましたので、皆様にもご紹介いたします♪

弐千拾年 奇彩展 Gallery Nike


弐千拾年 奇彩展

小川香織、成田朱希、広田稔、多賀新、馬場京子

2010年1月18日(月)~1月30日(土)
1月24日(日)休廊
12:00~19:00 最終日17:00まで

Gallery Nike

東京都中央区銀座8-18-3  DJ銀座ビル2F 
TEL/FAX 03-3543-6040



2009年11月24日

吸血の眠り姫

 
796d19a2.jpg

Copyright(C) 2009 SAWSIN KONDO

吸血の眠り姫

画家 近藤宗臣

鉛筆 F3 2009.9


画家 近藤宗臣さんのサイト
SAWSIN'S INFERNO


伊豆高原 【天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂】 所蔵作品

2階 Bedroom nightmares にて常設展示しています♪


門番 追夢人(ついむと)